読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

路地裏散歩

特撮とかアニメとか感想と犬。

3話『世界は自分を中心に回っている』

キャラ&ライダー紹介編も終わって、今回からようやく話が本格的に動き出すのかな?


今回は「ワームが人間に擬態するのはどういう状態なのか」ってことですね。岬が潜入捜査をしてまでチェックした、捕まえられた方のユキはワームの方だった訳で、ワームが擬態するというのは、姿かたちだけでなく、記憶や行動パターンまで偽装できるってことなんですね。もっともそうでないと、人間社会へ溶け込むなんて真似はできないでしょうが。


ワームの擬態は、現在のところ見抜くための手段が確立されてないんですね。何らかの方法でワームの擬態を見抜けるのならば今回もその方法を使っていたはずですが、今回やったことと言えば留置場に潜入するなどという手の込んだことをして行った直接面談だけ。それも思いっきり見抜けていません。確かにこれじゃ天道の言う通り『今話しているお前がワームである』ってことも十二分にあり得る訳ですね。
ゼクトは秘密組織だそうですが、そりゃー秘密にもしないとパニック起きるって。これは確かに。1、2話で擬態していたワームは、明らかに顔色が悪く、動きもぎこちなくて人外のものの雰囲気が満々だったのですが、自然な馴染み方もできるのか。


今回も加賀美はどうも良いとこなし。カブトエクステンダーを持ち出したのにカブトに奪われ、最後のチャンスと思って頑張るはずだった任務は失敗し、サバ味噌は天道に食べられてしまいました。最後のはほんとに哀れだな、おい。それにしても天道ってば、カブトエクステンダーにを持って帰ったとして、自分のバイクはどうした。
加賀美の立ち位置がやっぱり微妙ですね。銃も今までは支給されてなかったみたいだし。最前線で撮影する時はもたされてたのかな?その割には物珍しそうに見てたから、触るの初めてと見た。
カブトエクステンダーについてもお金で解決がつくと思っている辺り、特殊なテクノロジーや何かが使われている可能性は知らないのかな?ワームに対する憎しみは並々ならぬものがあるようだけれども、組織の一員としての自覚・使命感なんかは薄いのかも。任務自体も掛け持ちだしなぁ。


加賀美の任務失敗の原因は、2年前に失踪したという弟のそっくりさんと擦れ違ったからですが、これは来週以降の伏線と。ワームへの憎しみで動いている割に任務への関わり方の中途半端さなんかは、少しは解消されるかな?あと、お父さんは関わってこないかもしれないけれども、弟が現れたことへの反応やなんかはあるかな、ないかな?


そして天道。今回はやたらと神出鬼没で、どこでもドアを持っているかのようでしたが、まさか生身でクロックアップしてないよな?そういえば、天道が加賀美を追ったシーン。ここでちょっと気になるのが「妹に」っていう言い方で、樹花を名前で呼んでないんですよね。まあただの一人言なんですが、逆に一人言だからこそ名前で呼ばないのに妙な違和感を感じるというか。加賀美には弟がいて、天童には妹がいると。この辺の人物の配置の相似が後から絡んでくるかな?どうかな?


今回の、ワームが人間世界に溶け込める要素が次週以降どう絡むのか、それから「松輪の丸特」を巡って人物の線が交わってきそうなのが気になるところ。亮はやっぱりワームの擬態なのかなぁ。突如失踪→ゼクトメンバーの加賀美の前に突如出現って、余りにも都合が良すぎるような気が。今回の前振りが前振りだし。天道のみならず、ワームからも情報源にされちゃうのか?加賀美。
いやぁ、ちゃんと話が有機的に絡んできそうで良いですね。


バトルは今回遊園地。ジェットコースターバトル!うわー!合成じゃないんだそうで。アクターさんも大変だ…。高岩さん、高いところ嫌いだったんじゃ?(と思ったら東映公式に書いてありましたね。永瀬さんも高いところダメだったのか…)
ロケ地が遊園地ってのは、クロックアップというのが今まで余り使われていない概念なので、最初の内にきっちり印象付けておこうということなんですかね。がんがん動いてるものが止まって見える方がクロックアップが引き立つもんな。今回も戦いの最中に人助けをしている描写があるのが、好感度大ですよ。


不満があるとすれば、マスクドフォームの意義がいまいち見えないってことですね。防御に優れるっていう位なんだから、そのうちその能力を発揮するようになるんだろうけど、今のところはキャストオフの爽快感を引き立たせるくらいの役にしか立っていないような気がするなぁ。ちょっと言い過ぎか。しかしながらキャストオフ→ライダーフォームがやたらとインパクト強いからな。この辺は今後に期待。


 そういえば今回、天道を取り押さえようとする警官の中にSAさんがいらっしゃいましたね。やたらガタイの良い警官がいる!と思ったら伊藤さんだ!あと、警棒構えてきて足払い掛けられたのは押川さんに見えるんだけど自信なし。ううむ、まだまだ修行が足りません。


そうそう。IT社長、また出てください。すげー爽やかでビックリしたよ。(笑)