読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

路地裏散歩

特撮とかアニメとか感想と犬。

6話『世界に1つだけのチューリップをお前だけに』

顔だけ変身解除というのが非常に燃えるのは、THE FIRSTやら響鬼やら、多少古いところに行くならG3、G3-Xやら、ライダーマンなんかで証明済みな訳ですが、今回はそれに加えて、加賀美と天道で「おそろい」という要素まで加わって、燃えすぎで大変です。まあ、とりあえずそれは置いておいて。


ゼクトルーパーに周囲を取り囲まれた天道、さすがの俺様っぷりを発揮。幾ら鍛えているとは言っても、生身の人間に殴り飛ばされるゼクトルーパーって、もしかしてあの装備は大したことない…?ZECTはベルトを作る技術は有しているわけだから、それをまんま流用とまでは行かなくても、技術の応用をしたものくらいは作れそうなものなんだけどな。本当にただの防護服でしかないのか?あれ。いやいや、不意打ちだったからだよ、きっと。
そして「友達じゃない」なんて素直じゃないことをいいつつ、加賀美のピンチにベルトを渡してしまう天道。地味に友情深まってるな?
なんにせよ、加賀美を信用してるからこそひよりの事を頼んだんだろうし、だんだん二人の関係性が、私の大好きな「背中合わせ」になって行っていて、大興奮です。


そして捕まって大ピンチ!のはずが、さっぱりピンチに見えない天道様。いやもう、完全に誰も彼もが天道のペースにはまってますね。岬じゃちと役者不足。というか、今回で田所チームは基本善人の集まりだということがよく解りました。『痛みを伴う尋問』に嫌悪感を覚える岬といい、加賀美の説得に折れて岬の居所を教えちゃう田所といい。ZECTが「ワームを狩る組織」であって「人を護る組織」ではないという描かれ方をしている中、組織の構成員としては緩いんだけども視聴者がまだしも肩入れできる田所チームが、獅子身中の虫になるかどうか。さて。


天道を助けるためにゼクトルーパーの装備を奪って潜入する加賀美と、あっさり自力で逃げてくる天道。あの階段の邂逅シーンは何回見ても燃えます。天道、呆れ半分だったかもしれないけど、楽しかったんじゃないかな。
天道って何でもできて、できないことはできるようになるべく努力する人で、しかもその努力を実らせちゃう人なので、常に誰よりも先に居る人だったんだろうなと。今のところ描写は無いけど、嫌われてはいなくても周囲に人の集まらない人だったんじゃないかと。そこへ、天道を特別扱いしない加賀美が現れたっていうのは、天道にとっては表にこそ出さないけど、実は結構嬉しい事だったりするんじゃないかな〜などと妄想してみます。
それにしても、「サバとカツオどっちが好きだ?!」ってのはネタか?ネタなのか?


倒れてしまったひよりは、無事警備員さんに見つけてもらったみたいで一安心。あぶねぇ!天道を責める気持ちももちろん解るのですが、それ以上に自己否定に走ってる言動が気になるところ。この辺、天道や樹花と関わる事で、どう変わっていくかなぁ。でもとりあえず、天道は一言謝っとけ!いや、天道ってこういうキャラだって知ってるから見てるこっちとしては「不快感」というよりは単に「突込みどころ」なんだけど。
そういえば、ひよりは意外と樹花を気に入ってるみたいですね。樹花の裏表の無いところがひよりには救いになってるのかな。この二人の友情物語なんかもこれから見られたらいいな〜。


今回のワームはかなり知能が高いタイプだったみたいです。喋ってるし、おそらく東さんとそのお付きがZECT本部に関わる人間だという事を看破した上で、組織的にあの場所を襲ったみたいですしね。何となくですが、高い知能を有し、ZECTの中枢に迫ろうとしているグループと、割と本能のままに人を襲っているだけのはぐれワームといるみたいな感じを受けますね。ホタルワームはあそこでユキに擬態したのが事故みたいな側面もあったので除外してみると、とりあえず今のところ人語を解し、意思的に人間に擬態しているワームは、亮(ZECTリーダーの息子)や東といった、ZECT関係者を集中的に狙っているっぽいし。最終的にはカブトもZECTと協力体制を結んで、組織体組織戦になるといい。


バトルも相変わらずステキ。マスクドフォームの重いバトルも今回は効いてたね。あのアックスがもっとデカイ戦斧みたいのでもカッコいいかも。ライダーらしくはなくなるけどな。多対一の時が映えるな、マスクドフォーム。
マスクドフォームだとタコ殴りにされているのに、ライダーフォームになった途端互角の戦いにもちこむカブトがいいね。長石監督だからなのか、それとも番組全体として新たなライダーキックの表現を模索してるのか。今回も動作の合間合間にボタン押してましたね。『ライダーキック』という天道の言葉がかなり静かな言い方だから、こっちのほうが全体の流れとしては言葉とバトルのリズムが合ってて好きかも。ただ、次回で新ライダーが登場するという事なんで、その中ではまた違った表現があってもいいかな。
そして相変わらず時勢無視の夕焼け。絵面がカッコよければ、もう何も言わん!


さりげなくカブトエクステンダーが速いということが出てて、良かったな。先に天道が東たちの車に追いついて、後から来た加賀美が岬を拾って追いついてるのね。東たちに擬態したワームが湾岸に向かったのは、カブトを片付けてから本部に向かおうとしたためですかね。その割に天道が先回りしてるんだが、その辺は突っ込むところじゃないな。


天道がひよりに見せた「世界に一つだけのチューリップ」は、東京タワーに投影した、妖精とチューリップのイルミネーション。確かにこれは世界に一つだけだ!ひよりだけに見せている事になるかどうかはともかく。(笑)そして、天道の所有する資産がちょっと気になってみたりもする…。金持ちそうなのは解ってたけど。


最後ひとつ気になるところ。ラスト近くでバイクに乗っていた天道のシャツが、それまで着ていた茶色いシャツではない気がするんだけど。気のせいか?