読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

路地裏散歩

特撮とかアニメとか感想と犬。

Task.5「帝国の真珠」

さくら話〜。面白かったんですが、ただこういう話をやるなら、もうちょっと後でも良かったかな〜という印象。言動の端々から、さくらがものすごくしっかり者だというのは滲み出てはいたのですが、そのしっかりしてるところをストーリーで見せてから、真面目すぎる行動基盤の余りに柔軟性に欠けたり、子供と上手く接することができない、という面を見せてあげる方が、さくらのキャラクターがもっと良くなったんじゃないかなぁ。話自体はおもしろかっただけに、ちょっと残念。
とはいえ、この話の中でのまとまりはいいし、さくらねーさんが可愛いからまあいいか、という感じですね。しっかりしたところはこれから見せてくれればいいので。


今回のネガティブシンジケートはダークシャドウ。対応する5色の敵が出てくるんじゃないのか〜。ちぇ。風のシズカも今回コスプレまでして頑張る!秘書っぽい格好とか演技の方が実は本人に似合ってるんじゃないか?怪人はタクミガミだそうです。タクミは匠か。設計図から武器を作ってしまえる模様。しかし、タクミガミって、一体何を元にしてできたツクモガミ?


「部外者が見ている前で変身できない!」というネタはよくあるパターンなのですが、それを変身後→変身前と見せて「あなた誰?」という、仮面をつけていないほうが謎の人になるというのがちょっとおもしろいです。これも何回か見たパターンではあるんですが、当事者のさくらとしては自分としての意識は連続しているものだから、とっさに対応できないというのが、にやっと笑えます。
とはいえ、サージェスはともかく、ボウケンジャーって秘密組織だったっけ?蒼太はIT社長の前であっさり変身していたような。そうか、他のメンツは臨機応変にできるところを、さくらねーさんはダメって話だからいいのか。ん?この辺はサージェスとは何か、とか世界観の中でサージェスはどう認識されているのかとかの描写がイマイチ弱かったのがツケとして回ってきちゃった感じかな。ガオとかハリケン、アバレ、マジみたいな独立愚連隊的な戦隊だとこの辺は勢いで流してもどうにかなるんですが、ちゃんとした組織がバックアップについているデカとかボウケンみたいなのはこの辺が弱いとちょっと足元が不安になるので、この後ちゃんとして欲しいところ。


そういや、2話の感想で

生真面目な感じなんで、場合によっては応用が効かなくて苦労しそう。その辺を菜月がフォローして二人の友情が深まるような話があるといいなぁ。

なんてことを言ってたんですが、今回地味にこれっぽい所もありましたね。直接菜月がフォローしてた訳じゃないけど、菜月が過去にやっていたことを思い出してるあたりが。最終的に思い出したのはチーフのセリフだったけどな!


暁も他3人に話を通さないで独断専行してるんですが、さくらの失敗を悟り、それをフォローできる体勢を整えつつ、さくらなりのやり方を通させて彼女の面子を護るという、地味だけど実に上司としては的確なことをやってるんですよね。前回の話とあわせて、暁の株が大幅アップ!しかも最後に「お前にしかできない笑顔だな」なんてややキザなフォローも忘れない!やばい、珍しく赤にハマりそうだ。


今回のゴーゴービークルはゴーゴーショベル。どこから発進してるんだ!という突っ込みはしないのがお約束。ショベルとかブルドーザーとかクレーンとか、重機好きなんで、こういうのは素直に嬉しいね!つか、マジでそのうちクレーン出してくださいよ。クレーン好きなんだよ、クレーン。
今回もミニチュア造作が凄い!ビオパンツァーとのバトル、全部ミニチュア?ぶん回すのもやっちゃった?すげー!立体駐車場の壁に取り付くゴーゴーショベルとか、ダイボウケンの左腕に合体する時とか!これは、メカだけの特写写真集とか出たら買うよ!凄すぎだよ!


ダークシャドウは意外と真面目に武器商人みたいなことやったりして、資金稼ぎにも余念がないようです。ジャリュウ一族との差別化、上手くやってくれるといいなぁ。


最後の、男の子とのシーンが可愛くてよかったな。男の子は切符をわざわざ買ってきた辺りで、さくらは良い人だと認識してたと思うんですよ。邪魔が入らなければ多分あそこで真珠を返してくれていたと思う。でもさくらはそれに気付いてないのね。その辺のギャップが最後にいい味になってたな〜と。