読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

路地裏散歩

特撮とかアニメとか感想と犬。

Task.11「孤島の決戦」

 初夏のパワーアップ最終回。ボウケンメンバーのそれぞれのスタンスでの「それでもチーフが大好きなんです」と、一致団結した絆とスーパーダイボウケンへのパワーアップで大団円、"ボウケンジャーちょっと良い話"かと思いきや、チーフが(ある意味)全て台無しにしていくという(笑) さすがチーフ。


 今回はチーフの人となりを、微妙に誤解というか理想化した(特に蒼太とさくら)的な目線から描くのと、明石本人側から描くのを平行して深みを与えつつ、それを俯瞰する形でボイスが機能してボウケンメンバー全体の絆感を描くという、構成の妙が光ってましたな。更に集団行動の中での立ち位置がそれぞれの行動で解るっつー。つーか、會川さんこういうの得意だよね。


 前回に引き続き、真墨のチーフへの突き放した信頼感ってのが凄くいい。それが明石の行動を洗い直させて、結果「明石は仲間を裏切ったわけじゃない」→「仲間たちのことを考えてたんだ」という結論に導き、蒼太やさくらがチーフへの信頼を再確認するという流れがきれいなんだよね。で、ここは半信半疑の蒼太・さくらは共通で、チーフを信頼している真墨に対して1話の真墨を登用するチーフが対比になってんでしょうね。結果、最終的には互いが互いの信頼に応えているわけで、真墨が現在まだちょっと子供っぽいからチーフの庇護に入ってるように見えるけど、これは真墨が良い具合に育てばそりゃー良いコンビになりそうな。そうか、vsボウケンへのフラグはこんなところから立っていたのだな。(笑)


 なんというか、生身でも変身後も一人でチーフが奪って行った感があるので、他の印象がちょっと薄れ気味なんですが。


 今回もガジャ様とリュウオーン陛下がイイ感じ。「ダイボウケン持ってきたから、これで掘り起こせばOKv」→「私に今時の機械のことを聞くなー!」の流れで大爆笑した。ガジャ様萌えっ子!そしてその流れに突っ込むに突っ込めないリュウオーンさま!たまらん。
 やっぱり、ボウケンジャーは、敵組織が小粒で数がいるから、その組織同士が手を組んだ時の関係性も燃えると思うんだ。


 ロボ戦はやっぱり燃えましたな!レッドの一人じゃダメだ→まだやれる→仲間到着!の流れでテンション上がった。今回はスーパーダイボウケンが初お目見えで、前回ボロ負けだった二機に逆転勝ちといいのがもう気持ちいいったらないですな。、出撃前に真墨が戦力の分析をしてて、それに乗っ取って蒼太がハイパーコンクリートで足止めしてたりという連携も燃え。つか、換装合体しつつ、それぞれの元の能力を生かせるってのはいいですな。今回はダイボウケンの状態でもダンプのハサミの部分を使ってたりして、「道具として使いこなしてる」感がプロっぽくてまた燃える。楽しい、ロボ戦楽しいよ!


 メンバーに命令違反をさせないために、というのはチーフも考えなかったわけじゃないと思うんですが、結局は自分がやりたいことをやるってのが基本線だと。それにしたって、みんなが考えていた理想像と、「宝の地図ってわくわくするだろ!」のチーフのギャップに笑った。いやまあ「火竜のウロコ」から変わってないといえばかわってないんだが、やはり予想の斜め上をかっ飛ばして行く男、明石暁!チーフは自分がやりたいことをやりたいようにやってる分、同じようにやりたいことをやる人間は全力で護るんだろうな。
 それにしても、チーフは宝を追い、他メンバーはチーフを追うという、プレシャスの連鎖になってるのが笑えるっつーか楽しすぎるっつーか。プレシャスを保護するのが使命のボウケンジャーなのに、プレシャス追ってるのチーフだけだよ!それも「使命」は余所に置いてるし!
 ボイスも言ってたけど、チーフはみんなの宝だっつーのが、物語上無理なく出ててああもう、って感じ。最高のプレシャス!俺のプレシャス!


 さくら最強伝説誕生!頭下げながらもその腹パンチ……!たまんねぇ!
 そして全然関係ないですが、菜月がちゃんと人に謝れる辺りに、真墨の教育を見た。真墨ってやっぱり基本的にオカン属性な気がする。(2008/06/13記)


////////
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ