読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

路地裏散歩

特撮とかアニメとか感想と犬。

Task.37「憧れの芸能界」

可も無く不可もなく、実にニュートラルにおもしろかったです。サブタイトルは「繁栄の石」じゃいけなかったんだろうかとか思いつつ。


さくらねーさんが生真面目さの余りに苦労するというネタは「帝国の真珠」でもあったんですけど、今回はそこがクローズアップされて強調されていておもしろかったですね。冷静に自分の弱点を分析しつつミッションに挑む辺りはさくらねーさんらしくて萌え。アイドル演技の参考にしたのが菜月って辺りでまたうっかり萌えた。


個人的に大萌えしたのは、わざわざ駅伝キャラに似せて大邪竜を作ったリュウオーン陛下ですな。なんだよ、ちゃんとスケジュールとか調べて、そこそこ穏当に(?)指輪を奪おうと計画してるじゃないですか。なんかこう、もっと力押しでいくタイプだと思ってたよ!きっちり似せるのに、資料を集めたり色々微調整してたんじゃないかと思うと萌える。可愛いよ、陛下。いつの間にこんなに可愛い人に。あ、最初からか。


ロボ戦はダイナミックでいいね♪ボイジャーはやはり戦艦形態の方がカッコいいよ!あと、ジャリュウは巨大化してもロボに見劣りしなくていいな。カースだと「絶対ロボには負けるだろ、おまえら!」って感じになっちゃうもんね。オルゲットとかもそうだったけど。


個人的にはさくらねーさんは沈着冷静クールなところが萌えだと思ってるんで、最後のきゃーきゃーっぷりだけはちょっといただけなかったかも。
あ、でも暁はかなり初期のチーフっぽかったかな。微妙に意地悪そげなところとかも含めて。でもそのちょい意地悪っぷりが「嫌な人」に見えないあたりがチーフの魅力かもしれん。
…結局、最後はチーフに持っていかれましたか?あれ?