読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

路地裏散歩

特撮とかアニメとか感想と犬。

41話『人が歩むのは人の道 その道を拓くのは天の道』


風間の決着をつけ、今度は加賀美の決着をつけないとならないぞ、と。ということで、加賀美編のスタートになるんですかね。加賀美が絡むということは、当然神代編のスタートか。


色々と怪しげな組織だったZECTですが、ようやく出自が明らかに。引っ張った割に随分あっさり判明しましたね。なるほどね、ネイティブ(ワームの一種族)の力を借りて生まれたライダーシステムは、やはりある意味で親殺しの道具か。
そうか、だからZECTスコープは存在するけど一般隊員とかは使えるものじゃなかったのか。外観から考えても、アンチミミック弾の効果を考えても、ワームとネイティブに身体の絶対的な差はほぼ無いと思われるので、ZECTスコープを与えて見つけた端からネイティブとワームの区別無く殺されちゃったら困るもんな。


ワームを倒す為の力がワームからもたらされたもので、しかも自分にガタックの力を与えたのもネイティブの仕業。更に自らが選ばれたのだと思っていたのにも関わらず、単なる予定調和でしかなかったとなれば、加賀美が自分の存在意義に疑問を持つのも当然かと。でも、加賀美父の態度を見ている限り、彼は彼として望まれて生まれてきたという事実には変わりないはず。ちゃんとそこに気付いてくれりゃいいんですが。
敵から貰った塩で戦うのを良しとできない加賀美、そしてワームを倒すという目的に揺るぎは無いという天道。この潔癖さが加賀美の良さなんだけど、やはりどこか青臭い感じはしますね。天道はなにせ、妹を護る為に全てを掛ける覚悟完了してる訳だから、その辺は揺るがない。非常に対照的。


それでもある程度は飲み込んで「組織の為でなく、信頼できる人の為」と戦いを決意したにも関わらず、田所さんがネイティブだったことが判明したもんだから、もう!加賀美はこれですっかり疑心暗鬼に捕らわれてしまってるかと思います。本来の自分の目的であるはずの「ワームを倒す」ということすら、このままでは放棄しかねないような危うさがありますね。
一方、田所さん頑張る!あれだけ拒絶されるであろうことはわかりきっているのに、それでも部下を助ける為に単身向かっていった姿はカッコ良かった!「人類を守る為なら命を懸けて戦う」という言葉を、きちんと行動で見せて居る訳で、自分が決めた自分の道をしっかり歩いている訳ですよね。ワームを倒すという道が人の道であるという解釈をするなら、天道は最初からその道を拓いている訳で、天道が拓いた道を加賀美が歩けるかどうかは、来週以降に掛かってますね。
おそらく加賀美はちゃんと人の道に戻ってくるのだと思いますが、それは田所さんとの関わりが重要になってくるのは見えてるわけで、人と人とが影響しあって歩く「人の道」に対して、天道が自らの「天の道」を決意する朝日のシーンは、たった一人だったのが印象的。


乃木登場。っつーか、脈絡ねー!とはいえ、高度な知性を有し、ある程度人間とも協力したりしつつことを進めるワームが居るのは麗奈で実証済み。ただ、乃木は麗奈よりももっと行動派というか、実力行使で物事を進めてくるタイプに思えます。
それにしてもコート翻して生身バトル!かっけー!やっぱり動ける人は違うね!…宿業の兄は居ないのか。生まれ変わってもなお近くに居るゴロツキどもはおらんのか。(VERSUSの見すぎです)


そして地獄兄弟。一体何があったんだろう。君らの地獄ってそんなもんか?つか、一服の清涼剤になってるよ?地獄兄弟なのに。「お前も俺の弟になれ」って。
でもまあ、これは剣ぼっちゃまの本当の地獄落ち、ワームとしての決着への序章なんだろうな。これを深く取り扱ってしまうと、加賀美の言ってみれば「青臭い悩み」が薄れちゃうんで、キャラ出し&バトル増強もコミでおちゃらけて落としたんじゃないかと。丁度良い狂言回しも居ることだし。
このシーンだけ見ると、「地獄を見た」とか「ハーモニーも何もないんだよ」とか言いつつ、自分の庇護下にいる者がいると安心してそうな矢車さん…。それ、逆依存じゃね?


親世代も気になります。天道父と加賀美父。加賀美父が「私の魂は組織と共にあり」ってのは、映画のオマージュなんだろうなとか思うんですが、そこまでネイティブの作った組織に全てを注ぐ覚悟ということは、組織の成り立ち、もしくはそれに尽力した何者か、おそらく天道父に何らかの過剰な思い入れがあるのではないかと。
この辺、飛び飛びで観てるとどうしても前回までの記憶が薄れるので、ちょっと見直してみたいところ。


カッシスワームとカブトのバトルは、これまたかっこよかったね!切り替えの早いカメラワークと、互いに近い動きで押し合うバトルはワクワクするよ!
そして、時間の早送りよりも更に協力なのは一時停止。ってことで、カッシスワームは時間の流れを止められるんでしょうか。画面だけ見てる限りでは、更に超高速で動いてるのかも、とか思っちゃったけど、それにしては完璧に止まってたね、ハイパーカブト。カブトピンチ!ってことで以下次号!


そういや、カッシスワームって、サソードのライダーフォームに似てるような。なんか関係あるのかなあ。