読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

路地裏散歩

特撮とかアニメとか感想と犬。

42話『お前が受け止めてやらなくてどうする』

なんか、ZECT本部内の密談というか相談というか談合というか、その辺の映像が妙にフィルムっぽい感じがします。ざらざらしてるっていうか。いきなりどうでもいい感想ですな。


フードを被った怪しい人物達の言いなりになってアンチミミック弾をワームに渡す決定をした加賀美父の、一瞬映る表情が非常に意味深。従いたくて従ってるわけじゃない雰囲気。あのフードって乃木が着てるやつとそっくりだし、それを考えるとZECTはネイティブと手を組んでいるという成り立ちから、更にもう一回ひっくり返されそうな気もします。三島は三島で、あのフードの人間(?)たちの正体を知ってるのか、知らないのか。とにかくこちらも腹に一物抱えてそうですね。アンチミミック弾を渡したくないと思ってるようなので、とりあえず、ZECT及びネイティブ側なんだろうけど。うーん。


交渉役を蹴ってしまった加賀美ですが、まあ心情としては解らなくはないです。今まで(一応は)信頼していた組織はそもそもワーム発祥のもの。自分の存在すらライダーになるために産み落とされた、のだと思えばこれ以上組織にいいようにされてたまるか、といったところでしょうか。
ただ、加賀美は剣ぼったま、そしてひよりがワームであるという事実を知っているわけで、それを知っていてなお2人とはきちんと付き合っていける度量があるんですよね。だから田所さんへの反発は「信頼していた人がワームだった」というところよりは「知っていて、事実を隠されていた」というところに起因するんじゃないかと。ひよりや剣ぼったまは自分自身がワームであることを知らなかったから、不可抗力だもんな。
この件は、組織・出生・上司と裏切られ続けた加賀美がプッツンしたという状況なのでしょうが、裏返してみると、加賀美は剣ぼったま自身がワームであることを告げることができていないということへの八つ当たりじみたものもあるのかもしれません。…いい意味で単純な加賀美のことなので、そこまで考えてるかはちょっと疑問だけど。もう少し裏も読めたら、父親の真意にも気付けたんじゃないかと思うし。


加賀美に対する、田所・加賀美父、岬の田所、剣ぼったまの岬という、あちこちで錯綜する「本当の相手を見ろ」というのは、結局のところ剣ぼったま自身に収束していくんでしょうな。自身がワームでありながら、その自覚が無いが故の悲劇というのは目に見えているわけですよ。しかも自分自身(というか擬態しているワーム)が姉の仇という状況で、それがぼったま自身に跳ね返ってこない筈が無い。どこかで絶対に「本当の自分」に目を向けなくてはいけない事態になるはずですよね。考えるだけで心臓に悪い。
田所さんの件で「本当の相手を見る」ことを実感として認識した岬さんが、ぼったまにきちんと相対してあげられたらいい。


しかし相変わらず「こうと決めたら迷わない」加賀美はカッコいいな!交渉役として三島のいる場所に赴いた時の、有無を言わせない強さは初期の加賀美には絶対出せなかったものだと思う。でも、アンチミミック弾を無事取り返したはいいけど、あっさり使っちゃって良かったのか?
トラックで脱出する時の田所さんと加賀美の生身の戦い、それからトラック越しの和解には熱くなったね!田所さんが加賀美を助けにカッシスワームに向かっていった時、ネイティブ形態にならなかったのは、人として助けに来てくれた加賀美を、人として助けたかったからかな。うう、カッコいい…!さて、この時の加賀美は田所さんと人質を助けることが「正しい道」だと思ったわけだけど、この後、おそらく剣ぼったま絡みで色々ありそうな中で、何を正しい道だと思うか、かな。


加賀美と加賀美父とも一応は和解ということでいいのかな。父と和解する道を示唆したのが天道なところが、また前回のセリフを思い出させていい感じです。
ついでに今回天道が言った「お前が受け止めてやらないでどうする」というのは、やはり剣ぼったまの件にも掛かってる気がしてなりません。


しかし…野暮っちゃ野暮だが…弟無視されてんな、おい…。穿った見方をすると亮はガタックになるべき新に何かあった時のためのスペアとして生まれた可能性もあって、そうするとワーム的には「ゆくゆくはガタックとなる候補」の1人としてさっさと殺されてしまった可能性もあるわけで…。ああ、なんか切なくなってきた。いや、相手が加賀美父のことだと思って深読みしすぎだな、これ。


カッシスワームVSカブトは、正直余りおもしろくなかったぞ〜。カブトが、カッシスワームが時間を止める前に伏兵を放っていた、というのはいいんだけど、一発大砲ぶっ飛ばして終わりってのは。こう。ライダーとしてはつまんないよう。これじゃ戦隊じゃんかよう。
ということで、今回おもしろかったのは、カッシスワームVSキックホッパー&パンチホッパー&サソード。それにしても3人で寄ってたかって適わなかった相手に、とりあえずは一矢報いたカブトは、やっぱつえー。いや、カブトというより、パーフェクトゼクター?


それでも倒しきれていなかったカッシスワームが、ダーク天道を呼び出しちゃったりとかして、もう大変。あり?しかしダーク天道=皆既日食なら、ひよりも一緒に来ちゃったりとかしてる?もしかして。


…あ。地獄兄弟のことすっかり忘れてた。今回のこの人たち、何がしたいのかさっぱりわからん。とりあえず、雨が降ってきたら傘をさしちゃったりする辺り、地獄に落ち切れていないことだけは解った。(笑)