読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

路地裏散歩

特撮とかアニメとか感想と犬。

44話『お前が、どんな悪いことをした』

今回は加賀美も天道も剣ぼったまもかっこよくて、久し振りにザビーが出てきて、トリプルライダーキックでもう!お祭りだ!いや、祭りとか言ってられるほどのんびりとした状況じゃないですが。


天道って、目的を達成する為に策を弄したり搦め手を使うこともあるけど、基本的に素直な真っ直ぐな子なんだよなぁ…と思ったのが今回。感情の表出を違えると、擬態天道そのままで成長していた可能性もなきにしもあらず…か。そんな天道は天道じゃないと思いつつちょっと見てみたい。閑話休題
当のひよりに思い切り否定されてショックだったんだろうけど、その言葉の裏にあるものを加賀美に指摘されるまで気付かなかったところがもう!言葉にはしなかったけど、あれで天道の中の加賀美の株は更に上がったに違いないさ。ああそうさ。


今回はもう「傍に居ないのに一緒に戦っていた加賀美と天道」がカッコよくて熱くてね!あのダブル変身から腕と腕を打ち鳴らす(っていうのか?)一連のシーンがあれば、飯が3杯食える。マジで。ボロボロになりながらも、ちゃんとカブトが戻ってくるまで踏みこたえていたガタックに涙がでるかと思いましたよ。いやまあ、影山ザビーのおかげもあったんだけど。
結局闇に落ち切れていない影山が、ザビーに変身。全然パーフェクトなハーモニーは奏でてませんが。影山はやっぱり何か大きなものに縋っていないとダメなのかもしれないですね。ハーモニーというよりも群れの中に居られるか居られないか、がザビーゼクターの判断基準な気もしてきます。その点、今回は割としっかり一人でホッパーやって吹っ切っていたヤサ車さんはなかなかでした。とはいえ、結局戻ってきた影山を拒絶することはできないんだろうなぁ。


パーフェクトゼクターのマキシマムハイパーサイクロン(初めて名前知ったよ、あの技)は、やっぱり絵はハデだけど面白みに欠けるなぁ…。でも今回はトリプルライダーキックがあったから、相殺して余りあるね!ライダースティング&ライダーカッティング同時攻撃崩れもあったし。


ひよりも戻ってきて一安心。天道のセリフはひよりに向けたものではあるんだけど、逆に言えば悪いことをしていないネイティブは倒さない、という天道の決意表明であったのかも知れず。そうすると、自覚が無いとは言え悪いことをしてしまっている剣ぼったまに対してどう向き合うのかが気になるところです。
でもその「お前」というのが自我を持った意識のことであるなら、ぼったまはやっぱり悪いことはしていないことになるわけで、そんなことは加賀美も解っているだろうし、この先ぼったまがワームの本性に抗えなくでもならない限り拳を向けることはないでしょうね。無意識の罪まで問うていたら、それこそワームとして生まれてきてしまったひよりの存在そのものが罪になるもんな。


擬態天道は本当にオールオアナッシングの人だな、おい。ひよりが選んだ元の世界なんかぶっつぶしてやるってか。それってどこの嫉妬に駆られたダメ男だよ。
乃木さん、マキシマムハイパーサイクロン2回食らっても大丈夫だったのか…?それとも乃木に擬態した別のワーム?