読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

路地裏散歩

特撮とかアニメとか感想と犬。

#15 復活・チェックメイトフォー

 前回がものすごくテンション高すぎて、うっかり今回はちょっと落ち着いてしまったよ。あと、今回は音也が大人しかったしなぁ。
 しかしながら重要キャラが出てきたり、話が大きく動きかけた気配です。ひゃっほう。


■過去編
 ゆりGJ!超GJ!次狼とラモンはあそこでゆりが来なかったら、本気で音也を殺してたもんな!うわ〜、良かった。それにしても、棒でつんつん突いてるところとか、逃げてく後姿とか、モンスター体のラモンの可愛さは異常。しかしあれで次狼とラモンが目的を達成できていたら、「ファンガイアにやられたようだ」っつー言い訳は通用しそうに無いんだがなぁ。


 音也は入院、と。まああの包帯の状態を見たら仕方が無いか。でも次狼が倒れたときとか前回までの音也の苦しみっぷりのことを考えると、包帯巻かれた部分の怪我に関しては、次狼とラモンのせいだと思う。それでイクサの影響に関するデータが正確に採れたか、っていうとかなり疑問だぞ?ついでに言うと、次狼のときはデータ採らなかったのかと。んでもって、人間との差異は見つからなかったのか、と。ん〜、これに関しては嶋さんが自分の所で情報を握りつぶしてる可能性もあるかぁ……。
 入院に関しては、音也が病院食を食べてなかったっていうのが気になるところ。喉にも包帯巻いてたから物理的に食べられないのか、とも思ったけど、それなら病院側が普通食出さないよな。ゆりに「あ〜ん」して貰ったのも飲み込んではいなかった気配だったし、体調的に食べられないのか、そもそも実はああいう食べ物を食べなくてすむ身体だったりするのか、とかね。うーむ。


 チェックメイトフォー来たー!フォーってことは四天王ですな。後はキングとクイーンとビショップかね。クイーンが女性体とか。意外とビショップでもイメージ合うけど。まあ、それはともかく。
 ルークと、ゆりの二人にとって仇な訳ですね。これは結構大きな転換点になりそう。ゆりはファンガイアを憎んでるけど、次狼が人外ではあるけれどもファンガイアではない、かつ同じ相手を仇として追っている、ということになれば、現状好意を持ってる相手ではあるわけだし、更に想いが深まってもおかしくない。次狼の方はゆりを本当に子作りの道具としてしか見てないんだけど、ゆりの事情を知ったらそこに別の感情が混じってもおかしくないかも。
 音也は次狼が化け物だからゆりを渡したくない、訳ではなくて、「次狼がゆりを道具としてしか見てない」からゆりが不幸になるのが見えていて「守る」と言っているんだよね。だから次狼が本気でゆりに惚れた暁には、惚れた女の幸せを願って身を引くことができるんだと思うんですよ。あああ、やっぱりこのままじゃ音也×ゆりにはならないのか…。うああ。


 んでもって、そのルークですよ。ゲゲルだ、ゲゲルだよ、グロンギがいるよママン!とか思ったのはさておき。(笑)
 最初の方のファンガイアが、美女だったり自分の出す音に引き寄せられたり、という、獲物の選定は単に嗜好の問題的ないかにも捕食的なイメージが強く、プローンファンガイアとかライノセラスファンガイアとかは、美味しい料理を食べて満足した、とか夢を追う力とかそういう精神的な充実感を持つように仕向けてライフエナジーを奪うという、どこか養殖とか料理を思わせる犠牲者の選定をしていて、なんというかクラスが上がった感じなんですよね。今回のルークは更に高度な自分の楽しみのためというファクターが入っていて、更に高度になった感じ。なんとなく進化してる感じというか。ファンガイアの裾野の広さを感じますな。
 話がずれましたが、ルークですよ。ゲームのご褒美もバツも自分で決めるのは良いんですけど、あの電流バリバリってのは、罰とは言えどもかなり苦しそうな。……M?むしろドM?ご褒美がパフェってのが萌えっ子過ぎる。
 それにしても強ぇー!変身する前なのにゆりのことぶっ飛ばしちゃったよ!強すぎですからー!そして変身後の両肩から生えたラッパ吹いた顔が気になって仕方が無い。


 大筋には全然関係ないんだけど、力とラモンにかしづかれてる(違)次狼に笑った。力とラモンが正論なんだけど小市民的なこと言ってるから余計にな!それにしても力の怪人体がそろそろ見たいような気がする。
 ウルフェン族の敵がルークってことは、他のチェックメイトフォーの中に力とラモンの一族の敵もいるってことかな。次狼は復讐と子孫を残すっていう目的があるけど、他の二人はファンガイアから隠れ住んで何をしたいのかがよくわからんな。ラモンのゆりへの反応見てると、やっぱ子孫だけは残したいのかな?


■現代編
 とりあえず大ちゃん!ファンガイアでも記憶喪失になるんだなぁ……。そこじゃなくて?つーか記憶喪失にしても余りのアレっぷりに、過去で散々浴びてた罰ゲームの電流がなんかへんな風に作用したんじゃないかとか、本気で疑った。アレでよく今まで生きてこられたなぁ……。
 しかしまあ、過去編であれだけ強くて特別なファンガイアってーのを押し出されてて、おまけに大ちゃんが(現状、自分の意思ではなさそうとは言え)怪人化して暴れてる以上、現代編がこのままで済む筈もなく。あーあーあー。


 渡がどんどん成長してるのは前回まででも出ていた訳ですが、今回に至っては自分から他人の面倒を見るところまで行ってますよ。すごいよ。最初、溺れる大ちゃんを助けるところまでは静香ちゃんに背中押されてた感じだけども。それだけに大ちゃん正体バレの悲劇が気になって仕方がない。うーむ。


 自分の知っている人がファンガイアだったら、というのは大村さんのときにもやってるんですが、今度は更に渡自身が優位(ってのとはちょっと違うな……。保護者的な立場というか)に立って関わっているわけで。そもそも出自を考えると、キバがファンガイアを倒すのは「親殺し」に相当するわけですが、今の渡と大ちゃんを見てると「子殺し」までやる気かと、空恐ろしくもなったりするわけで。うーん。


 今回、キバに変身したとき、いきなりガルルフォームだったのは、過去編でのガルルvsルークとシンクロさせようということなんでしょうな。それにしても最初っからフォームチェンジできるとは思ってなかった。へぇ〜。
 それにしても、ルーク強ぇ〜!ほんとマジ強い。このクラスの怪人が出てくると話が締まるんだけど、やりすぎるとキバやらイクサやらが弱っちいだけに見えかねないし、その辺がきわどいかね。
 あと、こういう幹部的な敵が出てきて、しかもこの後増えそうだけど、スマートブレインみたいな敵の母体っぽい企業なり団体なりがあったわけじゃないので、どういう立ち位置で絡んできてくれるのか、ちょっと楽しみ。今までのファンガイアは個々人でキバと対決してたからね。やっぱあれか。ラッキークローバーみたいになるのか。


 過去編濃すぎて、どうも現代編が印象に残ってないなぁ。とにかく最初っから最後まで「大ちゃん可愛い」っつーだけ。いやもう、マジ可愛い。どうしよう。次回は逆転したりして。
 そんでもって画面が美しいと思ったら、長石監督か〜。桜並木とかどうしようかと思った。ひゃほー!


 ええと今回の記号は、4分休符。一拍休みと同義ってか。閑話休題じゃないけど、ここで間を置いて、次から怒涛の展開って感じかな。なんか、今回はこじつけしなくても見ていて感じた「ほっと一息」感と記号がリンクしてるな。


////////
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ