読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

路地裏散歩

特撮とかアニメとか感想と犬。

#30 開演・キバの正体

 正体バレきたー!長かった…長かったね!……と言いたいところですが、相手が名護さんなので、実はそこまでのテンションにはなってません。だって、渡は一回自分で名護さんに正体バラしてるんだもんよ。名護さんが信じなかっただけだもんよ。
 そんな訳で、視聴者的にはあまりゾクゾク感がないのですが、これ名護さん視点から見るととんでもねーサプライズですよね。そういう名護さんを見るのが楽しみです!名護さんは最高です!
 そういや、アバンタイトルキバットとタツロットが掛け合い漫才してたんですが、セリフがよく聞こえません!それにしてもいつの間にやら仲良くなってるね、君達。


■麻生親子
 同じく母の呪縛(というと言葉は悪いが)に捕らわれているのにも関わらず、「母親の敵を討ちたい」という動機のゆりと、「母の無念(恵自身の推察)を晴らしたい」という似てるようでちょっと違う動機の二人。この差がどう結果に繋がるかちょっと解んないですが、ちょっと気になるところかな。ゆりの周りには音也や、利害の一致があるからとはいえ次狼やら力やらラモンやらも居るのに、恵の周りには止めるばかりで協力体制になる人間が居ないのも印象的。


 ゆりは動機がはっきりしてる分、ルークを倒した(とゆりが認識した)ら、戦士を引退することに未練はなさそうな気も。ご飯作って音也を待ってるところなんか、いかにもな良い奥さんって感じだったしな。ただ、音也が渡に憑依したときの「戦士としてしか生きられない」って台詞があるので、引退は無いのかも、という気もする。うーん。音也とゆりの今後がどうなるのか解らないけど「配偶者としてではなく、戦友として」傍に居ることを選ぶかもしれないしな。
 その辺は、音也がゆりを愛するあまりだとは思うけど、昔より過保護になってるのもからむかも、とは思うんですよね。以前はゆりの思いを遂げさせるためにイクサを渡してやったりしてたのが、今はゆりを傷つけたくないために戦いから遠ざけようとしている。音也の心理としては指導者(的立ち位置)からパートナーになったってことで自然な流れなんだけど、ゆりの視点から見ると「自分の意思を押さえ込む一種の横暴さ」を感じないとも言い切れず。今回なんかかなり手の込んだことしてるし、「守られるためにきちんと向き合ってもらえないなら、守られなくても良い」なんてことになるかな〜とか。
 逆にそうやって人間としての根っこを見せることでゆりと別れざるを得ないとしたら、同じく芸術家としての音也の根っこを見出した真夜と音也が結ばれることになるんじゃないかと。その相手が異種族だったってのは、ある意味悲劇なのかもしれないけど、テーマは愛です、愛愛愛って感じ。


 一方恵ですが。ゆりの死因がわかんないとなんとも言えないですが、光秀と恵であそこまで温度差があるのは、恵の方が年長の分色々聞いてたからかな。それにしても恵は少し思い入れが激しくなりすぎてる気もしますが。あんなに幸せそうな顔をしていたゆりが、自分の娘に自分の恨みつらみを延々語って聞かせるのも不自然な気がするし、半ば以上は自分の悔しさや憎しみを転化しちゃってるところがあるんじゃないかな。無意識にそれを解っているからこそ、自分の動機は母親のためだと内外に言いたいのだろうし、光秀の言葉にも反発するんじゃないかと。ただ、そういう自分の根っこを見据えないままルークに挑んで、よしんば勝ったとしてもそれで恵の心が救われるのかというのは微妙かな〜という気もします。
 そういう、戦いの動機を他者に委ねる危うさってのは、嶋さんも気付いてるんだとは思うけどな。「母さんが自分をどう思ってくれているか」という評価を気にしている辺りは、戦士としてではなく、人としてちょっと危ういしね。だからこそ予告での台詞どおり「光秀を守るために」戦って、誰かの敵を討つためでなく誰かを守るために戦士を続けていく、ということに自分の意思で腰を据えたら、嶋さんはその時にあの辞表を破棄するんじゃないかとか、そんな気がします。


■過去編
 ちょっと!力!力可愛すぎ!「もうだめ…」「ばれちゃった…」「頼まれちゃった」って、なにその可愛さ!コーディネートとかしたのは、ラモンと音也と二人がかりだったりしたら可愛すぎる。つーか、走るのは苦手なのか。まあ、パワータイプだしなぁ。あの、ゆりに斬りつけられて上を見上げたときの可愛い子っぷりはもう、ものすごいヤバさでしたよ!ちょっと!あのいたいけな子、どっかにちゃんと保護しとかなくちゃ駄目だって!
 音也に頼まれたってのもあるんだろうけど、前にゆりのことが気になってたし、力なりにも一生懸命だったんだろうなあ。可愛すぎるなぁ。


 可愛いといえば、次狼と音也ですよ!つーか、今回は音也はやたらと次狼や力に頼みごとしてんのね。ゆりのためとはいえ、余り気に食わない相手にもきちんと頼みごとをできて、それを受けて協力する男たち、いいねぇ!
 しかし、一度はアレだけ憎まれて殺されかけたってのに、音也も心が広いよな。いや逆にあそこまで対立しあったからこそ、ゆりに本気で惚れていたという部分で共鳴しあって距離が縮まったんだろうか。お互いに何かあったときは背中を預けあいできそうなハードボイルド感が漂い始めましたよ。


 そして真夜はさらっと出てきましたね。あの状況でほやほや出てくるって、真夜ってばほんとに神出鬼没。つーか、音也を探してたっぽい?ということは、既に真夜は結構な強さで音也に執着してそうですね。さて、今後のこの二人がどうやって距離を縮めていくか、本当に予想がつかん。


 イクサ、ドッガ、ガルル、バッシャーの四人で掛かっていってもさっぱり敵わないルークは、やっぱり強すぎですよ!ちょっと反則的な強さだ、あれ。しかし、全員で飛び掛っていくってのは、戦略的にどうかと思うんだ。ドッガが近距離、ガルルとイクサで中距離、バッシャーが遠距離から波状攻撃かませばも少しなんとかなったんじゃないだろうか。
 そして、力やラモンの正体までゆりにバレちゃったよ!これが今後にどう効いてくるかも気になります!


■現在編
 健吾が!健吾が〜!ちょっと、まじでギターもう駄目なんですか?いやちょっと、冗談のような奇跡の復活で良いから、復帰させてやってくださいよ!うわぁ、マジで〜…。先週のなかなか動かない指ってところで悲劇の予感がひしひししたんですが、ホントに悲劇に向かって一直線だよ!いやもう、正直最近日常パートの癒しと化してたので、こんな風に厳しい現実を突きつけられるとものすごく堪えます。何とか、最終的にはリハビリが功を奏したとかで報われて欲しい…!


 深央と渡は雨降って地固まる、ってとこですか。静香ちゃんの嘘で気まずくなった二人が、静香ちゃんの心遣いで仲直りするというのは、見てる側としても安心できて良いです。やっぱ、あのまま静香ちゃんが悪者で終わって欲しくないというか。「やっぱり私は渡のお母さん役かな!」っていうあの台詞が出てきたことで、静香ちゃんの気持ちは切り替えがついたんだろうな〜。良い子なんだから、歳相応の彼氏でもできれば良いのに。


 とはいえ、渡ですよ。今回は深央さんとは上手く行ったけど、健吾さんとは絶交の危機!前に一度絶交といわれたことはあるんですが、あの時は健吾自身に思い当たることもあってか、なあなあで元通りになったんですけども。そういう前例があるだけに、今度の「絶交」は本気だったのがよく解ります。
 しかしこれ、渡としても辛いところだよなぁ。確かに「お医者さんが治ると言っていた」まで言い切ってしまうのは不味かったかもしれないですが、見舞いに行っている立場からすると「治るのかな?」→「治らないと聞きました」なんて言えない訳で。健吾のためと思っての発言が逆に健吾との縁を遠ざけてしまったってのが、誰が悪いわけでもなくて哀しいなぁ。
 深央さんとは今回はうまく行ったとはいえ、キングとクイーンの定めとか聞いてるとこのまま幸せになるとも思えなくて悲劇の予感。この後は、現在編といわず過去編といわず辛い出来事が多くなりそうですね……。最終的にはみんな幸せになってくれると良いけど…。


 そんな訳で、いつもなら胡散臭い空気を垂れ流している名護さんが、今回に限っては一服の清涼剤に!つーか、シャワーキャップはないわ〜。しかし、相談事でなぜ一緒に風呂に入らねばならんのかと!いや、名護さん的には渡がファンガイアの血を引いている可能性があるから間近で観察したかっただけなんだろうけども…!おかしい!おかしいよ、名護さん!
 おまけにその白いローブはどこから出した〜!渡の家にそんなもんがあるとも思えないし、私物…ですかねぇ(笑) あれ、元々名護さんの趣味なんでしょうかね。いやぁ……ないわ〜。


 そうそう、阿鐘をすっかり忘れてましたよ。そういえば、「キングになる」とか言ってましたね。前回他にも衝撃的なことが続きすぎてすっかり忘れてた。で、こうやって実力があると思ってるファンガイアがキングの座を狙うこと自体は、どうやらアリのようですね。つまり、クイーンと同じくキングの座も世襲制ではないと。問題は強さだけが指標なのかって辺りですが、その辺はまだ先の話でしょうか。
 しかし阿鐘のやってる「超能力らしきものを使っている(と目される)人物を狙う」って状況が、アギトのアンノウンを彷彿とさせますよ。不可能犯罪!助けてG3!


 今回はイクサ、キバエンペラーフォームとそれぞれでバトルがしっかりあって、そっちの方面でもおなか一杯ですね〜。ライジングイクサとFight for Justis は似合うな〜。すごいテンション上がる。あと、今回はルークも阿鐘も突進系のパワータイプだったから、それをいなして戦う、小技の効いた感じが好き。
 そして冒頭でも書いたキバ正体バレ。どちらかというと、キバだと周囲にばれたときの渡の反応よりは、周囲の反応の方が気になります。特に名護さんと嶋さんとマスター。特に22年前を知っている二人の反応は、22年前を占う上でもキーになる気がしますしね。さて、どうなるのかな〜。


 つうかむしろ予告!麻生親子変身くるー!?


■記号
 ビブラートですかね。音を細かく揺らすってことで、あちこちの状況が激しく揺れ動いている、って感じかな〜?



////////
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ