読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

路地裏散歩

特撮とかアニメとか感想と犬。

#37 トライアングル・キングが斬る

 本当に雑魚キャラとして、なんのドラマもなく終わるのかと思っていたラットファンガイアですが、こういう風に過去と繋がるキーになるとは思わなかった。人間体出てこなかったけど、それはそれ、これはこれ。あー、すっきりした。
 それにしても、ホントにキバットリビア消えちゃったなぁ。寂しいなあ。


■過去編
 やはりあの演奏が音也とゆりの決別のメロディになってしまった…のかな?あそこまで仲睦まじい(ゆり視点)な様子やら、真夜のためだけの演奏やら聞いちゃったら、ゆりとしてはキレるしかないかも。しかしまあ、ゆりの一途で一本気なところが今回はまるっきり裏目に出ちゃってますね。音也としてはゆりのところに戻る心積もりはあるわけだし、今回もゆりに見られてるなんて思ってもいなかったわけで(見られていたとしてもまだ話し合いで関係修復できる……と思う。多分)、ゆりの態度の豹変についていけてないんだろうな。音也の意識としては、真夜は(心惹かれるものはありつつも)一応バイオリン制作の先生だったわけで、しかも作業に没頭していた間のゆりの態度はおそらく気付いていないだろうし。
 女の子は繊細なんだからその辺気を回せよ!っていう意見もあろうかとは思いますが、音也的にも真夜は恐らく初めて彼の根っこを理解してくれた相手だからね。そう無碍にはできないだろうよ。


 そんなこんなでイクサを奪って変身するゆり。こう何回も変身してくれるとは思ってなかったから、サプライズで嬉しいよ!わーい!ルークを倒すという目的があって変身していたときより装着時間が短かった気がするんですけど、実はメンタルコンディションにも左右されるんでしょうか、装着時間。まあ、演出というか尺の都合だろうけども。(身も蓋もない)
 むしろここで驚くべきは、真夜がもうすでにしっかり音也に惚れていたことでしょうね。うっそーん、マジで。まだまだ「おもしろいわ、人間って」の段階だと思ってたよ!しかし、このシーン、ゆりの意識があったらものすごい屈辱だよな…。実は真に昼メロなのは子世代の恋模様ではなくて、この辺の女の対立なのかもしれない。


 そしてキング&クイーン!過去キングは彼なりに真夜のことを愛してるんだろうね。ものすっごく屈折してるけどな!愛などを必要としない理想の自分がいて、ザンバットソードを持っていると真夜を斬ってしまいそうで、それは自分が真夜を愛していることになってしまうから剣なんかイラネってか。うわぁ、名護さんの捻くれというか屈折っぷりが、とてつもなく可愛く思えてくるよ。
 しかし、真夜はあっさり音也の件を認めましたな。アレは「口ではそう言ってみる(しかし実質は真実の告白かもだが)という駆け引き」なのか、「本当のこと言っちゃってもキングは自分を殺さないだろうという自信の表れ」なのか…。解釈は色々できそうですが、少なくとも「夫以外の人を愛してしまった」的な後悔やら懺悔やらという感情は真夜には無さそう。キングとの間に流れる冷ややかな空気といい、これはキングとは本当にしきたりだったから結婚して、後継者を産んだという意識しかなさそうですね。逆に言うと、そういう関係だったからこそキングは「自分だけが惚れてるなんてかっこ悪い」ということで、ああいう態度を取ってるのかもね。
 とにかく、過去キングが愛ゆえに手放した剣を、現在の渡は愛ゆえに手に入れた、ということか。なるほどね。


■現代編
 お互いの正体というか、表と裏で描いていたトライアングルが、とうとう白日の下に晒されてしまいましたよ!うわー…。誰にとってもサプライズはあっても嬉しいことが一つもない、この暴露劇、どうやって決着つける気だろうな。


 鍵を握るのは過去キングと太牙の親子な気がします。もともとキバは最初から紅父子、麻生母娘という二本の親子関係を軸に進んできていたわけで、ここに親子関係がはっきりした組み合わせが出てきたんだから、絡まないわけはないだろうと。
 で、太牙って意外と自分ではそれほど悪いことをしている訳じゃないんですよね。トータスファンガイアとホースフライファンガイアを倒したくらいかな?これもホースフライファンガイアの方は神田さんのせいで暴走始めてたから情状酌量の余地はあるだろうし。それを考えても、太牙自身にすら父親越えをさせて、渡とともに両雄相並び立つをやる気なんじゃないかと思うんですが、どうでしょうね。単に倒すべき相手という割には、ライダーの造形もかっこよすぎる感じだしさー。
 太牙がどうやって父親越えをするか、って辺りなんですが。過去キングがどうなってるか解らないんですが、太牙がキングとして行動している以上、死亡、少なくとも真夜と同じように力を太牙に譲渡してると思われるので、直接対決は無いかな…と思います。現時点では。過去との行き来ができることがわかっちゃったから、過去から来ても驚かないけどな!それはともかく。
 なので、キーはクイーンたる深央ではないかと。真夜は人間を愛し(更に、子供を産んだ)咎でああいう状態になっちゃってるんですが、同じことを深央にするかどうか、深央(クイーン)を赦せるか赦せないかって辺りですかね。もっともキングとしては仕事を無視するわけにもいかないんだろうし、そうするとファンガイアという種の存亡がどうなるかってことも含めて、結構大掛かりな世界の改革をしなくちゃいけなくなるかな。どうだろうねぇ。


 そしてザンバットソードですよ。渡が一度抜くのに失敗していて、しかし「自分が護りたいもの」を見定めた後では抜刀に成功する辺りが、実に直球の成長物語でいいですな!過去編のところでも書きましたが、前キングが愛ゆえに手放したものを、渡が愛ゆえに手に入れた、という対比もいい感じ。
 ていうか、お供ンスターズちょっとあんたたち、それ!えー!まさかこれで現代編での出番終わりとか言わないよね?そんなことはないよね?ガルルは「音也との約束」を護るためだったら時間の改変すらも厭わないという何でもありっぷりなんで、あの姿になっても満足なのかもしれませんが、バッシャーとドッガが哀れすぎるよ!いや、これからガルルと音也の約束に絡んで、過去の力とラモンの間でもなにかあるかな?
 それにしてもあのパーツが何なのかさっぱり解りませんでした。砥石じゃないかという話を聞いて納得しきりです。なるほど、砥石ね。つーかほんとに、ガルル!バッシャー!ドッガ!ギャース!


 剣戟バトルは好きなので、ザンバットソードには頑張って欲しいところですな。あのいちいち砥石(?)で剣を研ぐ動作がまたメリハリ利いていいね!エンペラーフォームがまた、騎士っぽい感じの意匠だから剣が映えることまあ。かっこいい〜!飛翔体もザンバットソードも、もっと活躍が見たいんだぜ!しかしノーマルキバの戦いも見たいんだぜ…。フォームチェンジは面白いシステムだけど、一つのフォームを沢山見たいときには弊害があるなぁ。あー、それにしてもエンペラーかっこいいよ、エンペラー。


■名護さん
 …なんていうか、名護さんがどんどん可哀相な子になってませんか。力ずくで(隙を突いて?)イクサナックルを奪ったのは、良くないけどまあ良いとして、グリップに画鋲とかないわ〜(笑) 名護さん精神年齢幾つだよ! しかしまあ、不本意なことが起こると逃避してか幼児退行しちゃうのはスピンオフ3話でも出てたし、あれも一種の退行だと思えばまあ可愛いと思えないこともないっていうか……むしろ痛々しいというか。


 それにしても、せっかくイクサナックルを渡されたのに、健吾はなかなか使いませんね。残り話数とか考えてもそうそう何度も変身する余裕は無さそうだし、いざ変身しようとしたときに何らかの事情でできない→名護さんと健吾の成長フラグ発動になるのかな。さーて。


■記号
 三連符ってことでいいんでしょうかね。個人的には紅親子、麻生親子に引き続いて出てきた太牙親子と合わせて「三連」なのかな〜と思ったりするんですが。あと、渡と深央と太牙、ゆりと真夜と音也の三角関係にも引っ掛けてるんだろうな、とか。



////////
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ