読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

路地裏散歩

特撮とかアニメとか感想と犬。

#46 終止符・さらば音也

 音也の死に関しては、ガンガン泣くかと思ったけど意外と泣かなかったね。やっぱり解ってたことというのもあるし、音也の生き様がカッコよすぎて、音也自身が自分の生き方に後悔を持ってない感じだったからね。むしろ笑って見送るよ!ぐらいの勢いでね。
 残された真夜のことや、これから生まれてくる渡のことやら、キングの力を与えられた太牙の今後を考えると切なくなるけど、それはまた別の話だし。自分の生き様に満足して逝った人間を泣いて見送るのは、なんとなく違うかな〜とか思っちゃうんだな。悲しい悲しくないとは別の次元で。


■音也
 とにかくカッコよかった、以外がどうにも言葉になりません。初期から見てると、色んな意味で感慨深い。
 何が一番凄いって、やっぱりぽっと出会った(少なくとも音也の意識としてはそうだろう)自分と同年代の男を「息子だ」と認めた上に、その生き様に多大な影響を与えて、しかもその息子の為に死を選ぶことすら厭わないところだよね。そしてそれを全然後悔もしないところが凄すぎる。
 思えば、最初からお調子者ではあったけど利己的に動いてる人じゃなかったわけだし、おちゃらけるのを止めたらそりゃヒーローにもなるよね。ただ、結果は利他的になってるんだけど、音也の意識としては「俺が守りたいから守る」という利己的な動機なのが実に井上ライダー的。


 そして行動がほんとに「親父」なんだよ。道は指し示すけれども、そのやり方までは教えない。そこまでは渡の生き方の領分だから口を出さない、というね。けれどもその裏で、何かあったら助けてやってくれ、と次狼に頼んでる辺りがもうね!渡の意思に拠らず負ってしまうハンデについては、できるだけ障害を取り除いてやる、でもその姿は決して息子には見せないというね!(まあ、見せられないって話ではあるんだけど) ダメだ、音也ほんとにカッコよすぎる!


 次狼とのシーンは、下手に言葉やシーンを連ねるよりもあの位のあっさりっぷりが良かったなぁと。直前まで「てめーの言うことなんか聞くか、バーカ!」的な事を言いながら、音也も断られるとも思ってないし、次狼も断ろうなんて微塵も思ってない。その根底に流れる信頼感ってのはものすごいものがあるよね。むしろこの言葉の少なさが、逆に絆の強さなんだと思う。
 表面上はたったこれだけのやり取りなのに、摂理を捻じ曲げてでも青空の会を守り、ひいては渡を守ろうとする次狼に燃える。つーかFIRSTの一文字と本郷みたいだよね、この二人。
 キャッスルドランが暴れてたのは、中に住人が居なくなっちゃったからだろうね。一応王の居城だろうし、黒沢さんとかビショップは通いなのかな(笑) キングに捕まった時にライフエナジーのいくばくかがドランに吸われてる訳だから、音也の魂と共に、ってのも、まああながち間違いじゃないのかな。


 最後のシーンは、穏やかでほんと良かった。愛情を与え合える相手がいて、息子へもできるだけのことをして、自分のやりたいことをやれて、音也としてはあそこでは悔いなんか一つもないんだろうな。それだけ安らかな顔だったもんね。
 渡が現代に戻ってからどの位の時間が経ってるのか解らないけど、一週間でも二週間でも、三日でもいいから親子三人水入らずの時間があったんだろう事を願います。


 感動したことを書いた後に下世話でナンですが、やっぱこの間に渡を仕込んだってことでおっけー?そうすると妊娠期間が同じなら渡の年齢に齟齬が出るので、妊娠期間が人間×人間よりも長いのかな。鬼子は異常出産がデフォってとこもあるし。いや、実は最後のあの辺りのシーンは実は1年後とかだったりするんだろうか。それならそれで「人生を楽しんだ」ってことでもあって良いのかも。


■渡と太牙
 父親を死なせまいとして自分もフラフラなのに変身してたりとか、「死んじゃうよ、死んじゃやだよ」っていうセリフとか、むしろ泣かされたのは渡絡みでした。そうだよね、会った事もなかった父親に会って、その父親が自分や母親を守る為に命を落とそうとしてたら、そりゃ止めるよ。しかも自分にもとめられるかもしれない力があるんだから尚更。まあ、過去キングはそれができるほど生易しい敵じゃなかったわけだけども。
 それでもというか、だからこそ、というか、音也の意思を汲んでの親子共闘はカッコよかったよ!ダブルライダーパンチにダブルライダーキックは痺れたよ!やっぱり想いを乗せた力ってのは良いね!


 父親から命を受け継いで戻ってきた渡が、さて何をするのか、というところ。渡が言ってた「深央さんは兄さんと僕の間にいた」というのは、ファンガイアと人間の間で揺れていたということで、そういう悲劇を無くす為にはファンガイアと人間の間にある溝がなくなれば、落ちる人間も居なくなる、ということかと。渡としてはそこを太牙が解ってくれて歩み寄ってくれればいいなと思ってたんだろうけど、それは無理だしねぇ…。
 そういう意味では太牙とは完全に立ち居地が違っちゃってて、言葉ではお互いの立ち居地を変えられないのはこれまでもずっとやってきたんですよね。なので、拳と拳でぶつかり合う展開になるのはさほど違和感はないです。というか、太牙は(言葉で説得しきれなかったから)力ずくで渡を屈服させ、その上で自分の右腕にしようとはしてたわけで、渡が逃げずに受けて立つ事になれば対立は必至だろうと。ただ、渡の力と、太牙の立ち位置が色々変わっちゃってるので、自ずと結果は違うものになるんでしょうが。


 予告も合わせて考えると、渡が太牙を下してキングを名乗り、キングの方策として人間とファンガイアの融和を推し進めるという方向に持って行く気なのかな?この場合キングの力ってどうするんだろうね。キングから次のキングへと力を引き継げることは過去キングが証明したし、過去キングが真夜から力を抜き取ったこと、ビショップが次世代のキングを自分が決めると言っていることからすると、ビショップはキングという立場の生殺与奪権を握ってそう。キングを勝手に名乗ってもダメなんだろうから、どっかで渡にキングの力が継承されるってことになるのかなぁ。うーむ。


 でもそうすると、太牙に親が残した最後のものまで渡が取っちゃうことになるし、それはそれで太牙が可哀想な気も。でも「キングとしての」太牙は、前から言ってる通り「べき」「ねばならない」という義務感を一身に背負ってる感じだし、そこからの解放だと思えば一概に可哀想と言い切るのも違うのかも、という気がするし。太牙にとっての定めは、一方的に与えられたキングとしての生き方、という考え方もできるだろうし、そうすると「キング」を離れて登太牙としての生き方を模索しろ、ということなら一度全てを奪うのも長い目で見れば太牙のためであるのかも知れず。
 その役割をもしも渡が果たすのなら、音也→渡→太牙という父性の連鎖が起こるわけで、赤ん坊の太牙を抱き締めた渡の図を考えても、ここには兄弟でありながらも擬似親子ラインが発生するのかもしれないね。そうするとそこは愛の継承でもあるわけだ。
 って、仮定でばかり物言ってますが。

 それにしても、過去から帰ってきた渡は、ほんと別人みたいに男らしくて、強くてたまらんね!ああ、一話の渡と見比べたい(笑)


■ビショップ
 どんどんメイクも濃くなっていってて、マジで怖いんですが!長年って言ってたけど、太牙に仕えてたのって実際何年くらいなんだろうね。嶋さんに預けられてたブランク期間も含めてるのかな。それなら22年前後ってことで、長年と言ってもおかしくないか。
 プローンファンガイアの例を考えるに、集めたライフエナジーで他のファンガイアを復活させただけでなく、更に自分自身のエナジーも合わせて更に強い人の復活を企んでるような気がしてなりませんよ。やっぱりバットファンガイア?(敢えて過去キングとは言わない。恐らくあの人格はなくなっちゃってる気がするし)
 今回でビショップは死亡フラグ立っちゃったかな。ファンガイアの掟として、というよりも、自分を裏切った太牙が憎く、その太牙を引き摺り下ろして新たなキングを立てようというのは、どちらかといえば私利私欲の部類だしね。それでも今までの忠義っぷり、尽力っぷりを見るに憎みきれないところはあるんだけども。


 それにしてもブチ切れると強いな、やっぱり!今まで人間体が一番強いんじゃないかとか言っててごめん!名護さんが恵を庇ったためとはいえ、相当の手傷を負わせたよ!っていうか名護さーん!


■名護さんと恵
 相変わらずでありながら、距離感がなんか変わってる感じなのが良いよねこの二人。くっそう、なんか和む…。
 アギトの焼き直しと言われても、次回恵が目の見えない名護さんの目の代わりになるんじゃないのか。それとも、恵もイクサは装着できるわけだから、名護さんの代わりに戦うってのもアリかな。それにしても、名護さん、本当にカッコよくなったな…!今の名護さんなら青空の会任せても大丈夫だと思うんだけど。いやほんとに。


■過去キング
 完全にヤンデレだ、この人…!なんだかんだ言って、本当に真夜のことは愛してたんだね。それが例え支配欲的な側面があったにしてもね。過去キングの悲劇は、キングであるという立場に制約されるあまりに真夜に愛を伝えられなかったことなんだろうな。
 父越えの物語と言う意味で言うなら、太牙はこの父を越えないとならないわけで、キングとしての立場を捨て、登太牙として生きられた時、太牙は父を越えられるのかもしれない。むしろ越えないとならないのかもしれないと思ったりもします。


■記号
 全休符。音也に眠りを。終止線じゃないんだね。それは最終回まで取っておく事にするのかな。やっぱり。

■次回予告
 嶋さーん!嶋さんの声がー!!えええーー!!!



////////
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ