読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

路地裏散歩

特撮とかアニメとか感想と犬。

#14 新たな敵だ まにあうのか響助

 レスキューセイバーお目見え話。って書いちゃうと身も蓋もないですが。単に販促になりそうなところを、ダーエン様やらテラリセッターの登場で今後の危機感が煽られ、それでいて輝と響助の仲のよさにほっこりさせられるという、絶妙に痒いところに手が届く作りの話でしたな。
 敵の存在が明確になったってことは、それを倒せば一応の決着は見ることになるわけで、基本的に「終わりなき戦い」であるレスキューと特撮ヒーローものを両立させるには、むしろ敵の存在は必須なんだなぁとぼんやり思ったり。つーか、倒すべき敵が見えたってことは、終わりがあるものだと突きつけられたというか。あ、まだ先は長いのにしょんぼりしてきた。


 そんなわけで、ダーエン様登場ですよ!なんていうか、ものすごくガイアを思い出すんですけど!光量子コンピューターとか、根源破滅招来体とか!このダーエン様の主義主張が、単なるエクスキューズなのか、それとも本心なのかが気になるところ。行動内容はともかくとして、言ってることに丸っきり理が無い訳でもないからね。彼が誰で、なぜあんな思想を持つに至ったかってのは今後を待ちたいところ。
 配下であるマール様、サーン、シーカがアンドロイドであることを考えると、そこには人間を信じたくないという私怨が根底にありそうなんだけども。さて。
 テラリセッターが、またガイアっぽいなぁ(笑) なんだっけ、エンザンとかシンリョクとかあの辺。


 ほんとに響助のこと大好きだな、輝。他の二人もラストの反応を見るに心配はしてたんだけど、そこは理屈で考えて、感情と理性をある程度折り合いつけてる様子なんだけど(そしてそういうところがさりげなくプロっぽいんだけど)、輝はほんとに響助を心配して、リアルに「メシも喉を通らない」状態なんだよね。なんか、ここまでてらいなく仲がいい様子を出してこられるのは、なんというか素直に気持ちいい。生き方の信念がぶつかり合うのも良いけどね。こういう無条件な仲の良さが嬉しいのは、そういう童心的な部分は、年食うとなかなか実感できなかったりするからかねぇ。
 なんだかんだ言って、表には余り出さずに心配していた寿里とレイも可愛かったしね〜。調子に乗りまくっている響助も含めて、奴らは可愛すぎじゃよ〜。


 一方で隊員たちとは裏腹に、不穏な気配を感じている隊長と総司令。こういうところがちゃんと「全体を見てる」感があって好きなんだよなぁ。「一人の犠牲者も出しちゃならん」とかのシーンも含めて、すげーカッコいい!ああもう、こういう上司一人ほしい!


 レスキューセイバーの登場シーンは鳥肌立ったよ!あそこでOPをバックに登場とか、かっこよすぎるだろ響助!ものすっごいノリノリ(死語)だったけど!(笑) フラッシュキャノンも水系のファイナルレスキューなんですね。なんとなくライザーストライカーのよりは攻撃的な感じがするのは、水が弾丸みたいに見えるからかな。大型ビークルってことは、中型ビークルと合体したりもすんのかな?
 レスキューフォースのメカは、カッコいいけど、運用とか合体の法則とかいまいち把握しづらくて頭ごっちゃになる。


 次回も響助が調子乗りまくりみたいですが、念願のビークル貰って有頂天なんだろうな〜と思うとほほえましいですな。響助は浮かれてても切り替えるときにはばっちり切り替えるってのが今までに出てるので、不安感とかはないですね〜。うむ、人徳か。



////////
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ