読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

路地裏散歩

特撮とかアニメとか感想と犬。

#12 再会 プロジェクト・アギト

 あーもう!ああもう!!アギトが大好きです!!(突然) むしろ再確認した。

■アギトの世界
 真世界でも一応繋がりを示唆された、「未確認が出続ける世界に人間の力だけで対抗したら」というのをがっちりやってみました、って感じ。G3-Xの処遇を考えるとそうするのが一番しっくり来るから、余り極端な世界観の変更はできなかった、って処かな。
 それもユウスケがいたクウガの世界とは違う世界なわけだから、結局はパラレルワールドなんですけどね。ということはこのアギトの世界には「未確認生命体第4号」は居なかった可能性もあるのかな。まあ、それならそれで最初からアンノウンだけがいた世界でも良い訳だけど、そこはそれこそ真世界(というよりも、テレビの外から見て)できなかったことをやってみた、って感じかな。確かにこういうのはこういうのでアリだったかも。
 八代さんの様子から見ると、もうこの時点で自衛隊にも協力要請は入ってるみたいですね。それにしても、やっぱりG3-Xの装着員を広く一般から募集ってのはなかなか難しいんじゃないと思うんだが。採用された場合は、公務員扱いになるんですかね。ってどうでもいいな。
 それにしても、武野さんが出ててめちゃめちゃびっくりした。久し振りに顔見たよ!そいや!


□八代淘子
 見事に小沢さんテイストでびっくりしたよ!こちらの八代さんも才女なわけですね。あー、それにしてもSAULの制服懐かしい!ああいう生身での訓練風景は、真世界ではOPにちょっとあったくらいだったし、新世界を構築していく上で真世界では示唆されていたところを実際に見せてもらえるってのは嬉しいなぁ。ああ。マヌーバだ!G3-マヌーバだ!もう姿勢制御ユニットは組み込まれてるってことで良いんですか!やべぇ、ムダにテンション上がる。


 ユウスケが見抜いたとおり、八代さんには過去に忘れられない人がいる模様。やっぱりそれはショウイチってことになるのかな。その人はG3-Xの装着員をしていたようだし、もしかすると開発段階から長々と関わってたんじゃないかって気がする。じゃあ初期はG3で、改良開発を重ねて共にG3-Xまでバージョンアップさせたりしたのかも。
 あの様子だとただの同士って以上に親密だったことが考えられるから、八代さんにとってはG3-Xは子供みたいなものだとか、そういうこともあるのかなぁ。そうすると八代さんはヒロイン枠という意味で真魚ちゃんポジもちょっと入ってるのか。


□芦河ショウイチ
「葦」原、氷「川」、津上「翔一」と三位合体の名前なんですね。アギトはあの三人の誰もが主人公という面が大きかったから、誰もオミットできなかったんでしょうね。外見はちょっと水城さん入ってる感じだけど。つーか、そうすると木野薫成分はどこですかー!(笑)と思うアナザーアギト好き。
 誰かに呼ばれてるってのは、やはり先達のアギトから、ってことなのかな。やっぱり姉ですか!それとも弟ですか!弟なら木野薫成分も入りそうだけど、なんか別の世界に呼ばれちゃいそうですな。いやいや。まじめな話、アナザーアギトはなんとなく鳴滝辺りに召還されそうなので、そのうち出てくるんじゃないかな〜とは思いますけど。
 新世界のギルスは「アギトになれなかったもの」と言明されてるし、不完全体ってことなのかな。真世界ではギルスは「珍しいもの」だったけど、もしかすると新世界ではアギトまで進化できるほうが稀なんだったりしてね。
 リンゴが捻れていたり、部屋の中がメチャメチャになっていて超能力は発現済みのようですね。それによってアンノウンに察知され狙われたっぽい。ショウイチが元G3-Xだとするなら、超能力の発現とアンノウンの出現によって(周囲を巻き込まないために?)姿をくらまし、その彼に八代さんが手紙を出してそれが届かなかった、ってことになりそう。それにしてもアンノウンはやっぱり人類進化計画を止めようとしているのかな。


 ショウイチの変身の変遷は、予想と憶測込みで、G3→G3-X→ギルス→エクシードギルス→アギト(→バーニング・シャイニング)かなって気がする。そうすると、徐々に進化して言っているとも取れるわけで、むしろアギト世界のテーマが「進化」でもアリだったかなーって気もする。
 とはいえ、ユウスケが「ここが俺の居場所だったんだよ」と言っている通り、アギト世界のテーマは恐らく「居場所」。ショウイチの居場所は、やはり八代さんの元、ってことになるのかな。
 士に対して、自分のことを化け物と呼んでいたショウイチは、居場所どころか自分がどう生きていくべきなのかを見つけられていないように見える。それでも絶望して死に向かおうとはしていないあたりが、ショウイチの人としての強さじゃないかな。多少自棄にはなってるようだけど、アリノウンを撃破した士に対してその後も狙われることを心配してるし、きほん的に正義感があって他人のために生きてる人なんだな。そういうところがまた翔一っぽいよ。うまく自分の「居場所」を見つけて、帰っていけるといいんだけど。


■士
 今回の士は郵便屋さん。それこそSAULに入るのかと思ったけど、手紙がキーアイテムだったアギト世界のことを考えると、メッセンジャーという意味でも郵便屋さんってのは妥当な線かと。それにしてもぶかぶかだね、あの衣装。
 気になるのが「光の輪は…アンノウンか」っていうセリフ。それぞれの世界に対して知識があるのであれば「アギトの世界だから、そこにいる怪人はアンノウンだ」という言い方になるんじゃないかと。ということは少なくとも敵の怪人に関する知識だけは士は元々持ってるってことだろうか。それもかなりデータベース的に。そういう辺りが、士の高次元の存在っぽさ、ひいてはディケイド世界の箱庭っぽさを高めてる気がするんだけども。 アリノウンに対してグロンギ語を喋ってたので、各世界で手に入れた(?)能力は、ライダーの力と同様その後も使えるってことですかね。


 士は、夏海が言うように「ユウスケとずっと一緒に旅をしていける」とは思ってなかったんじゃないかとは思うんですが、それにしてもこうまで突然に別れが来るとは思ってなかったんじゃないかな。単に悲しい、寂しい、というより、そういう感情を抱いてしまう自分への戸惑いみたいにも見えたし、改めてユウスケの存在の大きさを突きつけられたんじゃないかと。
 思えば何も解らないまま9つの世界を巡る旅に放り込まれて、一番最初に出会ったのがユウスケ。そしてユウスケを護るという行為を通して世界を護ろうとした、いわば士自身がライダーになるきっかけがユウスケだったともいえる。それを考えるとユウスケってのは、やっぱり士にとって相当大きな立ち位置を占めてるわけだよね。それが突然サヨナラで、ショックを受けてない訳がない。それを隠そうとするから無理が出てる感じがする。
 夏海がユウスケを見送りに出たとき、わざわざ外に出てきて手紙を読んでたのは、その辺の微妙な内心の表れだったんじゃないかな。手紙を読みたいだけなら部屋の中で読めばいいじゃなーい!わざわざそれにかこつけて外に出てきたんだろ(笑)


 ショウイチを護る、と突然言い出したのはかなり唐突に感じたんですが、良く考えたらあの手紙を読んだのがきっかけですよね。
 士は以前にも「みんなの笑顔を護ると言うユウスケの、その笑顔を護る」と言明していた。それを踏まえるなら、ショウイチ個人を護ることそのものが目的なのではなく、ショウイチを護ることで別の誰かを護ろうとしてるんじゃないだろうか。八代さんとショウイチの関係が予想通りなら、ショウイチを護ることで八代さんの笑顔を護れる。そして八代さんの笑顔を護ることでユウスケの笑顔を護ろうとしてるんじゃないかな。それで結果的にはアギト世界の住人を護れることになるんだろうしね。
 この辺が、回りくどくはあるけど、前回でスイッチングしたのが効いてる感じがする。より「みんなのヒーロー」的になっているというか。


■ユウスケ
 前回も書いたとおり、士はより積極的に世界に関わっていこうとし始めている。ユウスケは最初に旅に出る理由は「グロンギがいなくなった」「好きだったK八代さんを護れなかった」の二点から、恐らくあのクウガ世界に居場所を感じられなくなってしまって放浪し始めたんだよね。キバ世界でワタルを助けたことで幾許かの救いにはなったんだろうけれども、それでも根本的な救いにはなってなかったということか。
 ただ、顔は同じだし、名字も同じだけどこの八代さんとK八代さんは別人。その人を自己満足で護ったからといって、本当にユウスケは救われるのか?そういう自己欺瞞で自分の居場所を定めていいのか?というのから、ユウスケの足元固めをするんだろうな〜と思います。


 クウガとアギトの世界は、もともと地続きになる予定だったし、新世界でもその辺りを引っ張ってきて世界を構築してる。だからクウガの世界の住人であるユウスケの決着がアギト世界でつくというのはかなり自然な感じですね。そういえば、真世界でも五代は旅に出ていた訳で、今考えるとユウスケが旅に出たのもそういうことか。真世界の五代は自分の笑顔を引き換えにしてしまった。その分新世界のユウスケが居場所を取り戻してくれれば、真世界の五代も報われるような気がする。なんとなく。


 ところで、テレビに八代さんを見つけたときのユウスケに犬耳と尻尾が見えました!見えたよね?(笑)


■海東
 相変わらずお宝集めしてますね。ただG3-Xへのあの扱いを見ると、目的はそっちじゃないっぽい。ギルスにもそう食指を動かされてなかったところを見ると、やっぱりこの世界のギルスは数が多いんじゃないかって気がするなぁ。予告を見るに、G4がアギト世界でのレアお宝っぽいですが。オーガのベルトで喜んでたこともあるし、レアお宝は映画ライダー絡みなんでしょうか。それを考えると、G4を手に入れるための手段としてG3-X装着員に志願したのも頷けるし。
 しかし、やってることは解るけど、目的がイマイチ解らないのは相変わらず。うーん、その辺が明らかになるのはいつかなぁ。


 つーかさ!確かに弱いからアレなんだけどさ!レアっぷりならV1システムだって負けてないと思うの!どっすか!そういえば新世界には北條ポジションがいねぇなぁ。海東がそうなる?えー。


■バトル
 ギルスー!ギルスのかかとおとしー!そこか!そこだよ!ケモノにはケモノか、ってのは、前回の「バケモノにはバケモノ」っていう海東のセリフ(があったと思ったんだが)に対してのアンチテーゼかな、って気がする。アンチテーゼっていうか、士と海東のスタンスの差?語感は似てるのに、全然対象に対する愛が違う。
 それにしてもキバに変身するんだ?確かにケモノにはケモノにならなくなっちゃうけど、前回手に入れたライダーの力を使って変身しなかったのって初めてか…?あれ、キバ世界ではユウスケがクウガに変身したから士はクウガにはならなかったんだったか?うーん、軽く忘れてるな。
 アリノウンに必殺技決めるかと思ったら、そこはやっぱりキックじゃなくてちょっと安心した。やー、さすがに相手雑魚キャラ(っていうのはアレだが)だしねえ。それにしてもウシノウンかっこいいよ、ウシノウン!やっぱりアンノウンのとっと神秘的で、かつケモノくさいデザインはカッコいいと思うんだー!アンノウン画集見直したくなってきた。


 ディエンドは今回デルタとドレイク呼んでましたね。銃使いばっか!つーか、士ー!士ー!!!


■予告
 アギト出現してましたね。逆にギルスの姿は見えなかったと思ったけど、やっぱりショウイチがギルスから進化したのがアギトなのかな?アギトのFFRはやっぱりマシントルネイダーか。スライダーモードってあんなに前の部分大きかったかなあ。スライダーモードに乗ってるのはディケイドとG3-X。あれ?つーことはこのG3-Xはユウスケが変身したのか。確かアギト本編でもスライダーモードにアギトとG3-Xが乗ってアンノウンを撃破したことがあったなあ。あれ、誰が相手の時だったっけ?



////////
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ