読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

路地裏散歩

特撮とかアニメとか感想と犬。

#16 黒子力

 いきなり流ノ介に何があったんでしょうか。今まではどっちかっていうと精神的には(感激しやすかったり、殿がらみでは盲目的になったりしたとはいえ)大人の部類だった流ノ介が、いきなり精神的に12〜3才くらい若返ったみたいで、ものすごいびっくりした。え〜?いや、千明もことはもだけど。その中でも一番びっくりしたよ!


 とはいえ、一番びっくりしたのは、黒子が街の人たちにふつーに溶け込んでる辺りだけどね。「志波さんとこの黒子さんはいつも凄いわね〜」って。マジですか。ブラウンさんがあっさり志波家にたどり着いたことからしてもそうそう隠れてるわけじゃないと思ってたけど、それにしたって隠れてなさすぎ!
 ほんと、外道衆に水切れのハンデがあって良かったと思うよ!あれだけ開けっぴろげなんじゃ、ドウコクさまが制限なく襲って来てたら、とっくの昔に志葉家断絶だよ。


 ストーリーの内容的には古きよき戦隊というか、誤解を恐れずいえばレスキューファイアー的というか。要するにストレートに子供に向けたメッセージものになってましたね。それにしても、あそこまでばっちり着替えさせてもらっておいて、今まで黒子の尽力を気にも留めてなかったのかよ!とかはありますけど(笑)
 そうそう、梶木折神の回でぶーたれていた、黒子が戦わない理由へのエクスキューズはばっちり説明されましたね。やっぱモヂカラがないからか。ということは、モヂカラは血筋に関係するのかな。そうか、だから家を途絶えさせるわけにはいかないんだね。


 今回、バトル絡みがおもしろかったですよ!急速加熱→急速冷却で脆くするとか、それを分担としてやるところとか。あれはモヂカラと攻撃内容が上手く絡んでていいねぇ。モヂカラってのは、何らかの制約はあるであろうにしろ、文字さえ書ければ無限の可能性があるんで、逆にこういう属性縛りで協力戦とかってのは新鮮だし、協力感も出ていいね!
 しかし、「俺たちは一人じゃない、皆で戦ってるんだ!」と言うなら、大筒モードは全員で構えて(というか、構える殿を支えるんでもいい)も良かったんじゃないだろうか。いや、メインは「適材適所」の方だったのか。それなら殿が大筒を撃つのは「適材適所」ってことなんだろうけど、それ以前に流ノ介+ブラウンとか、丈瑠+千明とかで大筒撃ってたりしたしな。どうもこう取ってつけた感がぬぐいきれないなぁ。


 ロボ戦でも、火→水→打撃と連携してマリゴモリを打ち破るところなんかおもしろかったですよね〜。全て兜系の換装なんで、ややもっさりっちゃもっさりな感じですが久しぶりの単体換装は楽しかった!うーん、連続してみると、やっぱり纏まってるのは兜折神かなー。


 外道衆側は、十臓と薄皮太夫が妙にしっぽりと。まさかリオメレ再びやるんじゃないだろうな〜。いや、やるのは構わんのだけども、そっちが本筋みたくなっちゃうのはちょっとな〜っていうか。ただでさえ、恋愛ものって求心力強いからさ。
 それにしても、ここ2回くらいのドウコクさまは実に真っ当で素敵だ!かっこいい!


 そして次回予告。新戦士がきたー!金とは聞いてたけど、また凄い色バランスというか…。おかしいな、マジシャインはこんなに違和感を感じなかったんだけどな(笑)
 それにしても、寿司職人…寿司職人かぁ…。どうなるんだろう…。