読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

路地裏散歩

特撮とかアニメとか感想と犬。

【花子とアン】第3週「初恋パルピテーション!」

 すっかり大きくなったはなの青春編の始まりですね。あれだけ英語がダメだったにも関わらず、すっかり英語が得意で大好きになってるあたり、人間なにが起こるかわからないって感じ。とはいえ、はなが英語が好きになったというきっかけは描かれてはいたものの、耳コピーで完璧に覚えました!からの「大好き!」にはちょっとこう、段差があるというか…。むしろその歌詞の意味が解った!!からの初恋と英語への目覚めになるもんじゃないんだろうかとかうむむ。まあ、先週分へのあれですけど。

 初恋の初めてのときめきと、初心に帰ってというか、原点に戻ってはなが足場を固めていく様子はなかなかじんわり。5年も会えなくて寂しいことも多かったろうけども、その分家の大変さが見えにくくなるってことでもあって、苦い初恋と、家族の苦境が見えていなかった幼い自分の苦さを乗り越えて、はなはまた一歩成長するのかな。その辺はやっぱりなんだかんだで、まだ15~6才なんだなぁって感じも。

 そこを妹が女工に出るっていう形で突きつけられたのは、やっぱりはなには痛かったと思うよ。かつては自分がそうした道だから、家のことを思うと同時に、自分が好きなことも諦めなければならないし、大好きな家からも離れざるを得ないことも身にしみてわかるだろうしね。はなの時は結局お兄ちゃんが代わりに行ってくれることになったけれども。
 はながこうして働くことから免除されるのは2回目で、そのどちらも兄妹が代わりに行くような形になってる(厳密には違うけども)。3回目があることになるのか、それともいつか二人には別の形で恩返しができるのか。この辺もチェックですなー。

 今週はやっぱりブラックバーン校長の粋な計らいに拍手喝采ですね!罰を免除するのではなく、達成させた上で報酬の形でフォローするというね!ただ、前週の件といい、ブラックバーン校長ははなには甘すぎる気がしないでもない。
 はなの帰郷を聞いて着物や旅支度を貸してくれた醍醐さんも素敵。醍醐さんとはこのままいい友情が続くといいなぁ。

 初恋ってのは、はなのもそうだし、朝市の初恋がはなにってのも掛かってるんだろうねぇ。昔から朝市ははなに優しかったもんな。もともと頭のいい子だったはずだし、独学も始めたことだし、今後どっかでまた道が交わるといいな!苗字から考えると初恋は実らない系になりそうだけども。

 それにしても、かをる子様がいいキャラ過ぎて!