読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

路地裏散歩

特撮とかアニメとか感想と犬。

21話「魔弾」

暗黒魔戒騎士関係や、カオルのお父さん関連、絵本関連はとりあえず一旦お休み。閑話休題というには余りにも重いテーマだったと思いますが。


鋼牙とカオルがすっかりいい感じになっていて、照れるやら転げまわるやら。1話の絵に対して言っていた「俺の育ったところに似ている」というその場所に案内する鋼牙なんてもう!過去の自分も共有して欲しいということですか!障害が高く険しかっただけに、一度それを乗り越えてしまうと、今までのじれったさが嘘のようですよ。
家族写真もどきまで撮っちゃってるし。しかしながらどっちも家族に縁が薄い人生だったのだろうから、形に残るものにしたいというのはあるのかも。写真を撮る提案をしたのはゴンザのような気はするけど。


今回は、例えやっていることが犯罪なのだとしても、魔戒騎士である以上「人」は斬れない、という鋼牙の信念を具現化した話だったのかな。娘を斬られた復讐のため、他人を殺してホラーを憑依させ、鋼牙を襲わせた神須川すら鋼牙は斬らなかった。そして同時に、ホラーを狩ることが決して「悪いものだから斬る」という単純な割り切りもできないものだという事も表していたのですね。
もしかしたら、鋼牙自身はグラウ竜にも語っていた通り、最初は疑問も感じていなかったのかもしれないけれども。でも今、少なくとも誰かをいとおしいと思えるようになった鋼牙にとっては、娘を愛する余りに陰我に捕らわれてしまった相手というのは、戦いづらい相手だったでしょうね。


神須川にホラーを封じた剣、撃たれた人間にホラーを憑依させる弾丸の出所は東の番犬所ってことで、完全に敵対ということになりますね。三神官としては、そんなお手軽作成ホラーじゃ鋼牙を倒せないのは解っているだろうけれども、怪我の一つもさせればよし、それすら適わなくとも、心理的に追い詰める事はできる。暗黒魔戒騎士の餌の養殖もできて、どう転んでも損はしないという計算でしょうか。いや、ああいう養殖ホラーで暗黒魔戒騎士が満足できるのかどうかはわかりませんが。


今回は生身の殺陣が多くてカッコよかったですね。牙狼は基本1対1の対決になるので、こういう多対1の戦いというのは結構新鮮でした。コート脱いで目くらましをし、さらにそれを引っつかんで戦いながら着るというアクションは、すげーよかったですね!剣で弾を弾き返すのもいい!


ホラーを狩ることは、憑かれた人間を殺す事であると同時に、救いでもあるというのが明示的に出てきましたね。ただこれが今後の嫌な展開に繋がらない事を祈りたい感じ。カオルの首に浮き出たなぞの紋章(?)があるので、「人間としてのカオルを救うには、殺すしかない」みたいな選択が突きつけられたりするんじゃないかと、戦々恐々です。


それにしても、冒頭がものすごい幸せだっただけに、ラストとの落差が激しいです。疲れた…。