読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

路地裏散歩

特撮とかアニメとか感想と犬。

22話「刻印」

閑話休題から一転、静かな中にも決意を秘めた話でしたね。
感想を書くのに思い出そうとしたら、バトルはバラゴ戦しかなかったんですよ。もっとガンガン闘ってたような印象があったんですが、メンタル的な緊張感が本編中でずっと続いていたからのようです。


大河を殺したのはバラゴで、鋼牙と浅からぬ因縁があるのは前々から出ていた通りですが、バラゴはカオルとも因縁があったのか。それもかなり昔から。鋼牙とカオルの出会いにはまさに運命といって良いほどの必然があったのか。つか、なんだこの「運命」と「歴史は繰り返す」感は! でき過ぎだといわれりゃそれまでですが、これで鋼牙がバラゴを倒すことで、カオルとその父、大河と自らが巻き込まれたインガを斬ることになるわけですよ。燃えるね!


自らを斬ってくれと頼むカオルが切なくてね…! カオルは危険の根を絶つことで鋼牙を失うことを避けようとし、鋼牙は自らの手でインガを断ち切ることでカオルを救おうとすると。互いが互いを思い合う余りに擦れ違うというのは良くある話で、いままでの鋼牙ならここでまた行き違いが起こりそうなものなのですが、ちゃんと言葉にしてカオルに自分の思いを伝えた姿にドキドキです。


何とかかんとかカオルには素直になる一方で、共闘するにも素直になれない零と鋼牙。2人の足りないところを補おうとするザルバとシルヴァが、お見合い席での仲人さんに見えるっつーか聞こえるよ。
カオルが修行の間に入ってきたときに「ここに入れるのは俺が心を許したものだけだ」と言ってるってことは、そもそもあの部屋に零が入れたということ自体が、鋼牙が零を認めていた証ってことで、本当に素直じゃないんだから!という感じだしね。ザルバは当然そのことも知ってるんだろうし、言葉には出さずにニヤニヤしていたに違いない。


黄金騎士の前に並び立つ鋼牙とカオル。そしてバラゴの元へ向かうために並び立つ鋼牙と零。どちらも背中からというのが象徴的でいいですね。みんなこれから先へ歩いていかないとならないわけですよ。もう、ものすっごくカッコいい!鋼牙と零は対立していた時間が長かっただけに、やっと仲間になったときの感動が大きいね!


絵本の謎の空白のページは、欠落していたのではなく、わざと描かなかったのか。そういえば、女神の壁画の手の部分もお父さんはわざと描かないでいたんだったっけ。いかにでも解釈できるようにして、「あなたなりの答えを見つけてくださいね」というタイプの画家さんだったのかな。子供向けの絵本でそれはアリなのか?というのは置いておいて。
その白紙の部分に子供たちが続きを描いていたというのは、ぐっと来るね。ほとんどが「めでたしめでたし」というラストに続きそうな、幸せそうな絵なのがいい。おそらくこれは鋼牙と零とカオルの未来をも示唆するものなのだろうし。
カオルも絵本の空白を自分なりに埋めようとするのかな。お父さんの壁画を修復した時は、「父の意図を汲む」ということで、お父さんが敢えて空白にした部分を埋めなかったカオルだけれども、これからの未来を掴み取るという意味で、絵本にどんな絵を描こうとするのか…という流れになりそうな。やっぱり幸せな絵になるといいなぁ。壁画の女神が傷だらけの黄金騎士に手を差し伸べるというような図柄だったりすると、壁画の話とも繋がったりするかしら、とか思うんですが、どうですか。


あ。エンディングが前のにもどった?! って、ProjectGAROって!あれ?!
次回はコダマ戦ですね。完全に敵対した東の番犬所との決着がどうなるのかも気になるし、鋼牙と零が間に合うのかも気になります。なんか鋼牙に嫌な気配が漂ってる感じもするし。あの家族写真もどきのような幸せな未来が、鋼牙とカオルに訪れますようにと、祈願せずにはいられませんよ。あああ。