読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

路地裏散歩

特撮とかアニメとか感想と犬。

Task.9「折鶴の忍者」

 真墨の過去話。ってか、ヤイバ様ってこんな遅くなるまで出てきてなかったっけ?最初っから居たような気になってたけど、ボウケンメンバーの前には出てきてなかったんだっけ?あれ?それにしても、ヤイバとヤバイバ、字面は似てるのに、この貫禄の差はどうだろう。閑話休題


 単発エピソードという訳ではないせいか、どことなく散漫に感じてしまうのは、イマイチ真墨にのめりこみきれていないせいかしら、どうかしら。のめりこみきれないのは、ここまでの話で見える真墨像と「闇が云々」というくだりに、妙にすれ違いというか、違和感というか、そういうものを感じるせいかもしれません。
 真墨は確かに、元トレジャーハンターでチーフに挑もうとしてボウケンジャーに入りプレシャスを横取りしようとしたり、菜月以外のメンバーと若干距離を取りがちという描写があったりはするんですけど、どうもこう悪い子じゃないというか。菜月を拾って育ててたり(ちょっと違うか)、呪いを怖がってたりとか、そういうシーンが記憶に残りすぎちゃっててなぁ。ぶっちゃけ可愛い…いやいやいや。


 むしろその、根はいい人、というのが真墨の傷を作ったんだな。本当に力を求め、自分のためだけに何かやってきた人間なら、養育者(多分)とはいえ他人を犠牲にして生き延びたことに罪悪感を感じることはないもんな。むしろ真墨の心に闇があるなら、それは罪悪感そのものというところでしょうか。
 その罪悪感があるから、贖罪と過去への決別をこめて、丸腰のチーフを庇ったんだよね真墨はね!ちっくしょ、カッコいいじゃないか!ラディアルハンマー強すぎだし!やべー!チーフの「光は闇に打ち勝つ」という言葉を、しっかり映像として見せてくれましたね!いやっほい♪


 それにしても、チーフは「自分のしたことのツケは自分で取らせる」姿勢が徹底してますな。「帝国の真珠」でさくらのフォローをした時もそうだったけど、当人が「やる」と言っているからには、それを優先させる。ギリギリまでは手を貸さない。この辺のチーフのキャラが、ボウケンメンバーの自立感に一役買ってるのは間違いないですね。
 それにしても、相手がそれなりに正々堂々としたタイプでよかったな!相手によっては、地面に落としたアクセルラー破壊されてるよ!


 今回は、ネガティブシンジケート同士の絡みがあるのが良いですね。ダークシャドウにはガジャ様の存在は透けてないけど。組織自体は小粒なんで、組織同士が協力したり反目したりというのはなかなか楽しませてもらえます。そして、企みガジャ様はとても可愛らしいと思う。
 ガジャ様の傀儡術は汎用性高そうな。あのサラリーマン(?)はかわいそうだなぁ〜…。1割とはいえ、あのお金どこが出すんだろう。っつか、例え1割でもちゃんと払うところが笑った。


 ロボ戦はまた、卑怯っつーかなんつーか。それよりも何よりも、まだ中に唐物屋のおばあちゃんが居るんですけど!ぶん回しちゃだめだって!ゴーゴークレーンで掴まれても壊れないって、あの倉がむしろプレシャス!君のプレシャス!


 そういえば、チーフvsリュウオーンに続いて、因縁のライバル関係成立ですか!こういう「なにかっちゃ絡みのある敵対関係」ってのは燃える。超燃える。
 そして、蒼太と同じ色のジャケットを着ていたシズカには萌えるべき?(2008/02/07記)