読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

路地裏散歩

特撮とかアニメとか感想と犬。

Task.13「かぐや姫の宝」

 久し振りかなの蒼太メイン話。前回網の目的な人間関係が戦隊のおもしろいところだ、と書いた端から、チーフと外部にしか人間関係が向かない蒼太は、それはそれで蒼太らしいがしかしいかがなものか(笑) 別に蒼太だって他の仲間との関係を深めたくないとは思ってないんだろうけども、過去の経歴が経歴だからどっか最後まで踏み込みきれないところがあるんだろうかね。…チーフは別にしてな!


 蒼太が女の子に優しいのは、元々フェミニストだってのはもちろんあるんだろうけども、やっぱり過去の苦い記憶があるからだろうね。だからといってただ優しいだけじゃないのが蒼太クオリティというか。
 それにやっぱり、蒼太は器用だなと思う。セレネー、チーフ、SGSとどこも立てるようにうまーくうまーく立ち回ってるよね。上手過ぎて、活躍としては地味だけども。まあどこも立てるとは言いつつ目的が一つである以上はどっかに優先順位をつけなくちゃならないんだけど、今回の蒼太の場合明らかにチーフ>セレネー>SGSだよな。チーフとSGSの意思が合わさってるから結果的にはチーフ・SGS>セレネーになってるけども。チーフが居なかったら蒼太はSGSに居ないし、真墨も無理、当然菜月も来ないわけで、辛うじてねーさんがSGSに転職するかどうか…?きっと無理だけど。組織に属してる戦隊の癖に実はカリスマチーフ率いる独立具連隊だよな、ボウケンジャーって。今更ですが。


 セレネーは可愛いね!それにしても、セレネーは月に帰ら(れ?)なかったかぐや姫本人ってことでいいのかな?不死の薬をボウケンジャーに預けちゃったところを見ると、是が非でも手に入れなくちゃならないものじゃなかったみたいね。むしろ自分の後始末をつけて、その上で月に帰ろうとおもってたのかな。
 まあ、ラストがただのイメージ映像という可能性もあるけども。しかしまあ、本物だと思っとくほうがロマンがあるし、ボウケンジャーってどっかファンタスティックなものとは相性がいいから、本物だと思っておきたい感じ。なぜ月に帰る道を選ばなかったのか、とか考えると、またいろいろ妄想できそうですな。それにしても、竹取物語が史実だとすると、無事に宝を見つけた貴族達から宝を貰っておいて、結婚もしないでトンズラしたって事になるんじゃないかしらね、セレネーさん。ひでぇ!


 そしてちょっと今回の蒼太の生身飛び蹴りは凄かったね!やっぱりちゃんと動ける人がやるアクションっていいわ〜!そうだよな、ヴリルの回の時もガンガンバトルってたもんな!たまらん。
 ブロウナックルで空中散歩(違)といい、デュアルクラッシャーといい、個人武器を有効活用したり、誰もが主役になれる武器ってのは、実にいいですな。何回も言うけど、アクセルテクターとデュアルクラッシャーはほんと良いと思う。その回の主役がちゃんと等身大バトルの締めを持っていけるからね。


 ロボ戦も、一度合体解除→スーパーダイボウケンで再合体の流れが、なかなか他に無い感じでおもしろかった!そうか、ダイボウケンはロボとしての基本素体(腕以外)がゴーゴーダンプで成立するから、こういう変則的な流れの合体ができるのか。それだけ個別意識が強いっていうボウケンの性格にはマッチしたシステムかもしれんね。下半身と上半身が別のロボが合体する戦隊だと、きっちり気持ちをあわせないとロボ戦そのものに持ち込めないことになるんで、絆感強調に繋がる気がする。いや、ボウケンに絆感がないって訳じゃないですよ。もちろん。


 あ。今回セレネーに目を奪われて、邪竜一族かなり目に入ってなかった!ごめんね、リュウオーン様!(2008/11/08記)


////////
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ