読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

路地裏散歩

特撮とかアニメとか感想と犬。

第34話「故郷のない男」

燃ーえーろレオ!燃えろよ〜!ということで、ウルトラマンレオ登場!ひゃほーい!


いきなりリフレクト星人と戦っているので、一瞬前の話をすっ飛ばしたかと焦りましたが、そういうことじゃなかったのか。ふー、ひやひやさせやがる。


レオを見たことが無いのに、聞きかじった情報の断片と劇中の説明だけで泣きかけました。レオって…ほんと過酷な境遇の中で生きてたんだなぁ…。自分が属する集団を次々と失いながら、それでもなお他人のために戦えるレオって、本当に強い人なんだろうと思います。
だからこそ最後に、メビウスに「レオ兄さん」と呼ばれた時には嬉しかったんだろうなぁ。いやまあ、ちゃんと光の国に仲間たちも、アストラも居るのは解ってるんだけど、こういう気持ちって「他にも与えてくれる人が居るから」ってことで感動が薄くなるものじゃないと思うのですよ。


ミライの1人特訓と見守るGUYSメンバーがね!たまらんね!孤独を力に変えたレオも立て、しかしながらメビウスを支えるGUYSメンバーも描くと。
声掛け=リュウ、見守り=マリナ、ジョージ、焼き芋準備=コノミ、テッペイと役割分担までしてるのがまた…!皆、ミライが心配なんだな。ほろり。それにしても、リュウさんが火を起こしたのは迂闊にも笑ってしまった。いや、防衛隊なんだから、サバイバル訓練くらいは受けてそうなもんだし、できるといわれたら納得するけど。しかし訓練の賜物というより、リュウさん自身の野生の素質な気がしてならん。
でも、ちょっとだけ、ミライの蹴りはもう少し腰が入っている方がらしかったのではないかと…。いや、実戦だとあんなものなのかもしれないですが…。むー。


レオとメビウスの共闘は、タロウとはまた違った意味でカッコいい!動きは全然違うんだけど、ちゃんとお互いにフォローしあって戦ってて、最後にダブルウルトラキックですよ!着地した2人の背後でリフレクト星人が爆発したシーンは鳥肌立った。
レオがまたいい動きしてるんだよなー。レオは身体能力が高いというのを、セリフだけでなく動きで魅せる!だって、膝曲げて着地してんのにそこから一繋がりの動きで後蹴りですよ?!ブレもなくキレイに決まるし!ああ、あの尻の丸みがたまんねぇ。レッド族って身体の模様がのっぺりしてるから、体格が際立つんだよな。…しまった、感想がだんだん変態的な方向に。


今回は、メビウスが新たな技を手に入れただけでなく、そのヒントになったのがリュウさんの火起こしだったり、GUYSの支援があったり、ウルトラの魅力のチーム力も全開。レオもMACの仲間を思い出したりしていたらいい。


…それにしても、先輩からの特訓とかいうと、鉄球もって追い回されたり、生身でバイクに追いかけられたり、とか思ったのはダメですか、そうですか。…ウルトラ的にはジープなんだっけ?(←聞きかじりの知識)