読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

路地裏散歩

特撮とかアニメとか感想と犬。

#48 正義カイサン

 最終決戦らしく(という言い方はアレだけど)、どんどん大変なことに!三人から始まった物語を一度三人にリセットして「正義ノミカタ」をやるんだと思うんだけども。むしろ走輔以外全員消えるんじゃないかと思ってたぐらいなので、ショック度は前回よりややマシ。むしろ麻痺してるだけかもですが。あああ。大翔ー!美羽ー!


 最初は対立していたウィングスの二人が、ゴーオンジャーの良さを認め協力してきた今、更にゴーオンジャーから与えられたものを返していくという流れが良いね。人より優れているがゆえに人の機微に疎いところがあった二人が、その機微を教える様子にぐっと来た。
 そしてあの「自分を犠牲にして消滅現象のデータを採らせる」大翔と美羽に泣いた。ゴーオンジャー側が感情に飲み込まれている時だからこそ、ウィングスが理性的にならなくちゃ、というのは解るんだけど、それにしても!そして、自分たちが犠牲になることで、ゴーオンジャー側にも冷静な思考を、という面も良かった。今までは結局ウィングスがゴーオン側に学ぶ部分が多かったんだけど、最後の最後でこうきたか…!燃えるけど悲しい!あーもう!


 須塔兄妹のバックグラウンドがもうちょっとだけ明らかに!なんだ、割と普通に親とは親交があるんだね。それはそれで良かった。ただまあ、大翔や美羽という個人を見ているのではなく「須塔財閥の跡取り」を心配しているように見えなくもないけど、それは執事さん(?)からの伝言越しでしかないから、なんともいえないかな。万が一、幼少時に何らかの確執的なことがあったとしても、今は和解してて欲しいんだっぜ。


 走輔が怒りとして哀しみを発散している感じなのと、連と早輝が完全に絶望しちゃってるのが、前の走輔死亡が効いてるなって感じ。走輔にしてみれば、あの時消えかけたのは自分だったがゆえに、仲間を失うという衝撃には接してないんだよね。なので、哀しみを怒りに転化できるんだけど、連と早輝は二回目。しかも今回は身体すら残さない完全な消滅で、ショックと恐怖が二重になっちゃってるんでしょうね。そこに美羽が早輝へ「スマイルスマイル」やったのは、関係性の積み重ねを見せるにはほんと良かった。


 消えたメンバーや炎神の反応は、ヒューマンワールドのみならず、どの世界にもない、と。さて、どっかの平行世界に送られたんだと思ってたんだけども、これは参った。えー。どうすんだ。
 気になるのがヨゴシマクリタインの(というかキレイズキーの)ムゲンゴミ箱ですね。ヨゴシマクリタインはとにかくすぐに「腹減った」って言い出して微妙に笑いを誘うんですが、あれが引っかかってんですよね。強大な力を振るう代わりにエネルギー効率が悪くて、あそこから物出して食べてるじゃないですか。正義カイサンで消した炎神や他のメンツはあそこに送られてるんじゃないかと。それで、ムゲンゴミ箱は一種の異次元装置っぽいので、あの中に居る限りはゴーオンジャー側では存在を検知できないんじゃないのかな〜とか。
 そこで一定時間過ごしちゃうとヨゴシマクリタインのエネルギーにされちゃうのでその前に助け出すぞ!になるか、一度ヨゴシマクリタインの中に取り込まれて、内と外の波状攻撃でヨゴシマクリタインを倒すぞ、ってことにするのか……なんてことを考えてますが、どうでしょうね。


 バトルもこれまたフル稼働な感じ。ノーマルエンジンオーのゴーオングランプリ久し振りに見た気がする。そういえば、ゴローダーGTはまだ消されてないですね。これは来週にゴローダーGTが活躍する布石でしょうか。
 それにしても、ヨゴシマクリタイン強すぎ!


 キタ様とケガ様も、ヨゴシマクリタインに駒扱いされて、やや造反(というと言葉がきつ過ぎるけど)の気配。これで逃げ切って、どこか別天地を見つけてくれれば……!キタ様ケガ様まで死なないでー!


 ここまで来て後2話残ってるってのが、更なる危機がきそうで心臓に悪いなぁ。全員戻ってくるのは次回ラスト近く…かな。なんとなく。あー、どうやってオチをつける気だろう。特にガイアーク側。全然読めねぇ!



////////
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ