読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

路地裏散歩

特撮とかアニメとか感想と犬。

#1 新たな敵 ほえよファイアードラゴン

 レスキューフォースがどんな終わり方をしたのか知らないまま、レスキューファイアー視聴ですよ。ビークルレスキューフォースから借りたりとかしてるところを見ると、結成からは余り時間が経ってないんですね。今回も主役のタツヤが一番の後輩ポジションっぽいですが、先輩二人もレスキューファイヤーとしては新人ということになるわけで、その分勢いと熱さが前面に押し出されてきそうな雰囲気。決して敵が炎だからってことじゃなくて!(笑)
 それにしてもレスキューファイヤーの隊服、ジャンクションで見たときはどこのスペシャルポリスかと思ったわけですが(笑) ズボンのあのラインがネックなんだろうなぁ(笑)


 今回は初回から敵組織の出自もボスと幹部も勢揃いしていて、敵(災害)をきっちりターゲットに据えて、より攻めの姿勢がうかがえますね。番組的にも、内部の組織的にも。その分メインであるレスキュー部分がないがしろにならないといいんだけど、それはまあ安心してていいところかと。
 それにしてもネオテーラもドロンジョ様的なタイムボカン臭がすごかったですが、ジャカエンもすごいな。ボス+三幹部の組織体制もさることながら、失敗したらお仕置きがある辺りが!やめてドクロベェさま!(違)


 タツヤが新人っぽいですが、初回からちゃんと活躍していて、レスキューフォース初期にあったような、輝の失敗や未習熟さをきっかけにメカの紹介につなげるってのは少ないのかな〜と期待中。やっぱほら、レスキュー隊にはプロでいていただきたいっていうか!代わりに隊員数が少なくなった分も外部の人間と絡んでドラマを作っていくと、その辺の違和感を出さずに話を回せるんじゃないかと思うよ。
 転校していく子に想いを伝えたい男の子を助ける、っていうのはベタだけど、ちょっとキュンときた。先回りして駅で追いつくのかと思ったら、併走しながら呼びかけってのはびっくりしたけどな!つーか、ものすごい大告白。音量的な意味でも。


 タツヤが新人丸出し、リツカがプロ、ユウマは二人の間の緩衝材って感じで回していくのかなぁ。それなんてユウマの苦労人フラグ。リツカはかなりキツい性格みたいで、プライドも高そう。レスキューへの意識は一番高いタイプで、いろんなことの取捨選択も軽々できるタイプでしょうね。そこに勢い偏重型っぽいタツヤが絡んで、どう影響しあってチームとしてまとまっていくか、が初期の見所かな〜と。
 そしてとりあえず、世界消防庁長官は卑怯だ。出てくるだけで何もかもひっさらっていくじゃないか!


 特撮部分は、相変わらず本気出しすぎです。ファイアードラゴンかっけー!ファイナルレスキューもちょっと攻撃的になった感じがするね。初回から小型ビークルもそこそこ活躍してるし、タツヤ以外のビークルがらみの話もいろいろやってくれないかな。
 変身は……総論でも書いたとおり、まだちょっと慣れないですね。メガホンか!メガホンなのか!消火器のトライバッシャーも余りの直球っぷりに吹いた。そしてレスキューブレイカーはちゃんと受け継がれてる!嬉しい!


 ジャカエンは、次元虫タイプっていうか、人間世界のモノに取り付いてそれ自らが意思を持って動くタイプなんですね。さらには繁殖するというか、自分で仲間を増やしていくのがやっかいですな。火は消しても消してもどっかで火種がくすぶっていたりするわけで、その辺の特質をうまく落とし込んだ感じ。それにしても、ジャカエンの火炎魔人が頑張ってる分なのか、ジャカストが安っぽいなぁ。


 すごく安定した第一話で、今後が楽しみです。完全に世界観を引き継いでるってことで、レスキューフォースとの絡みも期待したいところ。やっぱり映画で競演?(まあ、レスキューフォースがどういう終わり方してるのかにも拠るんだけどさ) 合同訓練とか、レスキューフォースからレスキューファイアーへのレクチャーとか、夢は膨らみますね。



////////
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ