読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

路地裏散歩

特撮とかアニメとか感想と犬。

#18 侍襲名

 新戦士加入後編。今回、十臓も太夫も出てこないし、予告を見てもボーナス決戦の気配もないですが、さてどうなるんだ。いや一応パワーアップはやったけど……さぁ?それとも、最近姿を見せていない二人がらみでボーナス決戦やるのかなぁ。

 源太話と見せかけて実は殿話だったりした訳ですが。うーん、殿を中心に据えると出てくるねじれの関係がまた出ちゃってないか?源太を受け入れるわけには行かない、ってのが「侍以外を巻き込めない」「正当な修行をしてこなかった人間を仲間に入れるわけには行かない」ということから始まった拒絶(しかもジイの言ってることだから、殿の照れ隠し☆とかじゃない)が、「『殿』が『殿』としてじゃない人間的な弱さ、優しさを許容した」ために「仲間に入れてもOK」ってそれなんか違うんじゃないか。そうじゃなくて、ゴールドの強さや、覚悟の重さを丈留が受け止める話の流れにしないと変じゃない?あれじゃそうは見えないぞ…?


 これでせめてヒャクヤッパの刃を打ち砕くためには、ゴールドの居合いの素早さで対抗するしかない(そしてその素早さは殿すらも適わない)、とかいう話があるんだったら、ゴールドの自己流の修行を認める話にもなってまだしもとか思ったんだけども、あれじゃ単に「二人いればOK」にしか見えないっていうか。もっとも、それが殿との二人組みだったことで、今まで4人よりも殿が頭一つ抜けて強いってことをやってた分、ゴールドが殿と肩を並べられるくらい強い=他の4人よりも強いってことなんだろうけど、なんだかなぁ。
 千明の成長話で「みんな違って、みんないい」的なことをやってたんだから、「素早さだけなら殿をもしのぐ」でもいいんじゃないかと思うんだけど。結局、殿を完全無欠の強い殿様にしようとしてるから、変なことになっちゃってるように見えるよ。別に『殿』が一番強い必要はないと思うんだけどね。


 ついでに、立ち位置として「侍に憧れてやってきた外部の人間」という立ち位置においては、ブラウンさんも源太も実は変わらないんだよねぇ。ブラウンさんは確かに戦う力を持ってなかったから仲間に入れなかったのはある意味当然なんだろうけど、それなら黒子としてでも働けたんじゃとか思わなくもないしな。ギャグ回ではあったけど、ブラウンさんの真剣さは流ノ介の心も動かしたんだぞ。ああ、コネがなかったからですか。なんという日本のスピリッツ(笑) そして、ブラウンさんを覚悟で受け入れちゃうと、源太との差別化ができなくなるからですか。
 そして電子モヂカラっていうのはおもしろいんだけど、それで微妙にシンケンジャーアイデンティティが崩れかけてる気がするぞ(笑) 人工的にモヂカラを使えるようになるんだったら、それこそブラウンさんとか、今までモヂカラがなかったばかりに戦えなくて悔しい思いをしていた(朔太郎さんとかさー)黒子が戦えるようなってもおかしくないわけだしね。まあ、後から何らかの「電子モヂカラを使えるツールが大量生産できない」理由が出てくるんだろうけどさ。そうなったらそうなったで、源太の凄さが強調されると思うけど、シンケン側の旧態然とした姿勢を覆すものにはならない気がするんだが。まさか、源太が開発できたのはただの偶然とかにしないよな。そんなひどい。


 ついでに、「戦闘における『初めてシチュエーション』でギャグを入れる演出」は健在なんですね…。いいじゃないか、ちゃんと源太の覚悟を殿もしっかり受け止めて手を取り合うことに同意して、6人でカッコよく決めればいいじゃないか!なんでそこでギャグで勢いをそがなくちゃならないんだよー。せめてそういうのは、ロボ戦最後の一本締めだけでいいじゃないか。あれはなかなかおもしろかったんだし!


 烏賊折り紙の換装はちょっとおもしろかった!つーか、他の折り紙も兜関係なく、もっといろんな合体したり武器になっても良かったんじゃないかと思った。そしてあの烏賊はヤリイカだったのか(笑)


 そして、またドウコク様が小物化してるー!ちょっと前の威厳のあるドウコク様どこ行ったのー!!